《GANZOvsココマイスター》財布の品質・素材感を比較。失敗しないのはどっち?

革財布ブランド

国内最高峰レザーブランドの2大巨塔、「COCOMEISTER(ココマイスター )」と「GANZO(ガンゾ)」。

どちらも高品質で価格帯も近いですが、今回はこの2大レザーブランドの品質や素材感をはじめ、6項目で徹底比較しました。革好きの筆者目線で、白黒つけていきます。

また各ブランドの財布を購入した人の口コミも集めたので、生のユーザーの声も必見。

当記事を参考に自分にあったブランドを選んで、失敗することなく財布を購入していきましょう。
男性へのプレゼント選びに迷っている女性も参考にしてください。

スポンサーリンク

結論:好みや条件で選ぶブランドが変わってくる

ココマイスターとガンゾの革財布ですが、結論から言うと、「こっちの方が優れている」というのはないのが正直なところ。
どちらもクオリティーは文句なしに高く、わずかな違いしかありません。

そのため以下のように、好みや条件で選ぶのがおすすめです。

  • 【ガンゾ】シンプルで洗礼された財布が好み。素材や縫製などの品質重視。
  • 【ココマイスター】少しでも安く上質財布を手にしたい。大人オシャレな財布が好み。

財布の買い替えを検討している男性・プレゼントを考えている女性は、以下で解説する各ブランドの特色を参考に選んでみてください。

【GANZO】フォーマルシックで職人気質な財布が好みの人

ガンゾの長財布ライン

次に当てはまる方は、ガンゾの革財布がおすすめです。

  • ジャケットやセットアップといったスタイルが多い
  • シンプルで落ち着いたテイストが好み
  • 落ち着いたシンプルな財布を探している

ガンゾはココマイスターとくらべて、シンプルで洗礼されたデザイン。
いい意味で主張してこないので、ビジネスシーンやジャケットスタイルによく似合います。

 

またガンゾを運営する「株式会社AJIOKA」は創業100年の老舗レザー会社
受け継いできた伝統技術でつくる革財布は、まさに一級品です。

長い歴史の中で培った知識と技術。そんな職人気質な仕上がりもガンゾの財布の魅力です。

≫人気商品は在庫が少なくなっています≪ganzoバナー1

GANZO公式サイトへ

【ココマイスター】芸術的なデザインとエレガンスさに憧れる人

ココマイスターの二つ折り革財布

一方、ココマイスターの財布が向いているのは次に当てはまる方。

  • 他ブランドにはない、個性豊かな希少レザーの財布を手にしたい
  • 服装はラフに、小物は上質なものを持ちたい
  • 高品質な財布がいいが、できることならコストを抑えたい

ココマイスターの財布は希少レザーを使った、エレガンスでお洒落なデザインが魅力です。
そのため、革財布もファッションアイテムの一つと考えている方に向いているのではないでしょうか。

ココマイスターの財布の中には、まるで芸術作品のような仕上がりのシリーズもあり1度は手にしたい革財布です。

またガンゾよりも若干リーズナブル
自分へのご褒美や男性へのプレゼントでも、ムリなく手にできます。

≫希少レザー使用のため数に限りがあります≪ココマイスター公式サイトバナー

COCOMEISTER公式サイトへ

ココマイスターとGANZOを6項目で比較解説

 GANZOココマイスター
価格帯
  • 二つ折り財布:40,000円
  • 長財布:50,000円
  • 二つ折り財布:36,000円
  • 長財布:49,000円
品質

創業100年以上の伝統技術で仕上げる、最高峰の仕上がり。

各工程の専門職人を採用。
やや低評価な口コミあり。

素材感

最高品質の王道レザーを採用。
本革の風合いを生かした製法が魅力。

希少レザーを使い、他ブランドにはない素材使いが特徴。

デザイン性

洗礼され、落ち着きのある大人デザイン。

芸術作品のようで、上品なお洒落さのあるテイスト。

サービス対応

返品・交換・修理に対応。

永年修理に対応。
返品・交換も無料。

店舗数

全国3店舗
(百貨店取扱あり)

全国6店舗
(百貨店取扱なし)

スポンサーリンク

《価格帯》ココマイスターの財布が若干安い

おすすめの2万円台革財布「ココマイスター」

革財布は、ココマイスターがややリーズナブル

それぞれのブランドの二つ折り財布・長財布ごとの相場価格を比較したのがこちらです。

⁂タイプ別・相場価格⁂

【ココマイスター】

  • 二つ折り財布:36,000円
  • 長財布:49,000円

【ガンゾ】

  • 二つ折り財布:40,000円
  • 長財布:50,000円

そこまで大きな価格差はありませんが、少しでもコスパよく革財布を購入するならココマイスターがいいでしょう。

またココマイスターは、シリーズによって値段がピンキリなのもポイント。
ココマイスター財布の最安値は、長財布で24,000円・二つ折り財布で22,000円という良心価格です。

「予算が決まっている」という方なら、まずはココマイスターからチェック。

男性へのプレゼントを考えている女性も、ココマイスターの財布の方が無理なく選べます。

どちもら「ポイント特典」がある

ガンゾもココマイスターも、ポイント特典があります。
それぞれのポイント付与率がこちら。

※どちらも1ポイント=1円で利用可能

  • 【ココマイスター】購入金額の3%がポイント還元
    ⇒3万円のメンズ財布なら、900ポイント
  • 【ガンゾ】購入金額の10%がポイント還元
    ⇒3万円のメンズ財布なら、3000ポイント

このようにポイント付与率が高いのはガンゾ
3万円の革財布なら、実質27,000円で購入できます。

ガンゾは価格が高いですが、ポイント付与で次回お買い物がオトクになるのが特徴。
リピート購入を考えているなら、長い目で見るとガンゾの方がお得ですね。
(ガンゾもココマイスターも、革製品を揃えるリピーターが多いです。)

またポイント特典は、どちらのブランドも実店舗とオンラインショップの両方で利用可能です。

ポイント特典を上手に活用して、オトクに高品質の革製品を揃えてみてください。

《品質》どちらも日本製で職人の手作り

革財布の縫製や磨きなどのクオリティーは、ほぼ互角。
(強いて言えば、わずかにガンゾが優れています。)

どちらも革職人が手作業でし仕立てた日本製です。

例えばガンゾは、設計から製造、検品まで一貫して自社工場で行っています。

ganzoの革製品は職人仕上げ

創業100年以上つづく老舗のガンゾ。その長い歴史の中で培ってきた知識や技術を生かしたモノづくりはまさに本物です。
日本の伝統技術の結晶ともいえるガンゾの革財布に触れれば、「こんな完成度の財布があったのか」と気づかされますよ。

 

一方、ココマイスターも国内工場で製造
100名以上の熟練職人が集まり、各分野のエキスパートが製造工程ごとに割り振られているんです。

ココマイスターの革財布は職人仕上げ

ただ、ココマイスターはその繊細な設計故に、やや「製法のクオリティーがイマイチ」という口コミが見受けられます。

私はココマイスターの財布、ganzoは財布に鞄に小物など10点程所有しています。

財布しか比較できませんがココマイスターは買って1週間で糸がほつれたり小銭入れのベロが剥がれたりで修理に出しました。ganzoは今のところそのような物に1度も当たっていません

(出典:Yahoo知恵袋)

完成度の高さに妥協しないなら、わずかながらガンゾの方が品質は上です。

《素材感》どちらも最高級レザー使用。種類豊富なのはココマイ

どちらも最高級レザーを使った財布ですが、ココマイスターは希少な革素材だけを厳選
素材の希少性でいうと、ココマイスターがやや長けています。

ココマイスターの革財布は極上皮革をつかっている

希少レザーのみを採用していることもあり、ココマイスターの革財布は在庫を多く抱えられません。
同じ理由で百貨店に回す在庫がなく、完全直営店でしか取り扱っていないんです。

また「シワ感が魅力の革」「色ムラのある表情豊かな革」など、他ブランドにはない個性的な本革を揃えているのもココマイスターの特徴ですね。

 

一方でガンゾは革のバリエーションよりも、品質を追求した王道レザーをうまく生かしたモノづくりが魅力。

ガンゾのコードバンの製造の様子

「上質な天然レザーをどう製品に落とし込む」これを一心に考え抜き、長い歴史で培った目利で素材を選定しています。

どちちらも革の品質は文句なし。
強いて言えばココマイスターの方がバリエーション豊富なので、あなた好みの革財布を見つけやすいです。

《デザイン性》お洒落さはココマイ・大人デザインはガンゾ

デザインは好みが分かれるところですが、フォーマル感とカジュアル感を両立できているのはココマイスターですね。

ココマイスターの長財布

ココマイスターは伝統的な建造物や惑星の柄からインスピレーションを受け、それを革財布に落とし込んだデザインが特徴。
彫刻や絵画のような、作品とも呼べる革製品を手がけています。

「革財布でお洒落さを引き立てたい」という男性であれば、ココマイスターでお気に入りの財布が見つかるかもしれません。

 

ガンゾは落ち着いた大人デザインの財布が多いですね。

ガンゾのコードバン長財布

このようにココマイスターと比べると、かなりシンプル。
スーツのポケットからさっと取り出した時、様になるような洗礼されたテイストです。

筆者個人としては、ガンゾくらい落ち着いた仕上がりだと飽きがきませんし革の質感や経年変化をしっかり味わえるので好み。
ビジネスシーンで使う方・ジャケットスタイルが多い方なら、ガンゾの革財布で存在感がグッと引き立つはずです。

商品写真を見て、ビビッとあなたの直感に刺さったものを選んでみてください。

《サービス》ココマイスターはアフターサービスが充実

ココマイスターはサービス対応が充実。はじめての革財布でも、安心して購入できます。

【ココマイスターのサービス内容

  • 永年修理保証(状態によっては無償)
  • 無料で返品・交換可能
  • 無料ラッピング

【ガンゾのサービス内容】

  • 返品・交換(送料は購入者負担)
  • 修理・メンテナンス
  • 無料ラッピング

ココマイスターは「ココクラブ」という、無料の会員制度があります。
そのココクラブに入会することで、上記のようなサービスを受けられます。

中でも永久に商品保証してくれるのは嬉しいところ!
お気に入りの革財布が故障しても専属の革職人が修理対応してくれるので、何十年と長く愛用できます。

タダで入会できるので、入会して損はありません。

 

ガンゾのサービスも申し分ありませんが、ココマイスターと比べるとやや劣る印象…。

とはいえガンゾは、大手百貨店などでも取り扱いがあります
どうしても不安な方は、一度手にとってから検討してみるのがいいでしょう。

《店舗数》どちらも店舗数は少ない

ココマイスター の直営店舗は全国6店舗

ココマイスターの方が店舗数は多いです。

  • ガンゾ:全国3店舗(百貨店取扱あり)
  • ココマイスター:全国6店舗(百貨店取扱なし)

とはいえココマイスターの6店舗は東名阪+神戸といった主要都市。
しかも、百貨店での取扱がないので、この6店舗でしか触れられません。

一方、ガンゾは全国の直営店が東京・大阪のみですが、全国の一部百貨店でも取扱があります
>>取扱店についてはこちら

ganzo本店の店内の様子

直営店でなければ、主要都市を問わずガンゾの財布に触れる機会がありますね。

どちらのブランドも実店舗は決して多くないので、多くの方は公式オンラインショップで購入されています。

直営店や取扱店が近くになければ、まずはオンラインショップを検討してみてください。
後述で購入者からの口コミ・評判を紹介しているので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

【口コミ・評判】ココマイスター・GANZOの財布購入者の声

最後にココマイスター・ガンゾ、それぞれの革財布を購入した方の口コミを紹介。
実際に買った人は満足しているの?と不安な方は参考にしてください。

どちらのブランドのユーザーも、財布を高く評価する声ばかりでした。

ココマイスター:コスパの良さや経年変化が高評価

ココマイスターの財布購入者からは、次のような評判が多く見受けられました。

  • 使うほどに味が出てくる
  • 長く使っても状態が良い
  • コスパがいい

ココマイスターは希少レザーを使っているとはいえ、革の耐久性が低いことはありません
むしろ使うほどに美しさが増し、長持ちするので値段以上です。

またみなさん持っている財布のテイストがバラバラ。

ココマイスターは財布のバリエーションが豊富なので、自分の好みにマッチする財布を選べます。それゆえに愛着が湧くのでしょう。

あなたもココマイスターにお気に入りの革財布を手にして、自分だけの革に育ててシェアしてみてください。

≫希少レザー使用のため数に限りがあります≪ココマイスター公式サイトバナー

COCOMEISTER公式サイトへ

GANZO:革の質感や完成度が高評価

一方でガンゾの財布購入者からは次のような声が多いです。

  • 革の質感がいい
  • 縫製などの完成度が高い

上述した通り、ガンゾは最高級レザーの風合いを生かした財布づくりが魅力。
そのため今まだ絵手にしたことのないような、ナチュラルリッチな本革の質感に魅了されます

またさすが老舗ブランドだけあり、周りに自慢したくなる完成度。

「人の手で作られているのに、こんなに真っ直ぐ縫えるんだ」と感じる、圧巻の仕上がりです。

ガンゾの財布オーナーになれば、“本物のモノづくり”を体感できるはずです。

≫人気商品は在庫が少なくなっています≪ganzoバナー1

GANZO公式サイトへ

筆者が選ぶのは「GANZO」の革財布

ここまでココマイスターとガンゾの財布特性を比較してきましたが、筆者がもし周りにお勧めするならGANZOを推奨します

ガンゾを選ぶ理由がこちら。

  • シンプルで飽きがこない
  • 洗礼された大人デザインで気が引き締まる
  • 革本来の風合いで天然レザーを楽しめ
  • 主張しすぎない佇まいが、奥ゆかしくかっこいい

正直、かなり個人的な好みの話になるのですが、なによりシックな大人デザインがスマートでかっこいい。
それでいて伝統技術で仕上げた完成度は、まさに最高峰品質です。

「店頭に行って触れるだけでいいから、一度ガンゾの革財布を触ってみろ!」と言いたくなります。

ココマイスターの革財布の品質も負けず劣らずなので、筆者の見解も参考なれば幸いです。
そして大きな違いは財布のデザインなので、あなたの感性にグッと刺さる財布を選んでみてください。