革用防水スプレーおすすめ9選。レザー製品に防水スプレーはよくない?

革製品に防水スプレーはよくない?おすすめ革用防水スプレー9選。革のケア用品

革財布や革小物に「防水スプレーはよくない」という声もありますが、革製品を長持ちさせるなら活用することをお勧めします
革製品が濡れてしまう方がレザーにとって悪影響です。

このページでは、革財布や革小物のケアにおすすめの防水スプレーを紹介。

  • 一般的なレザー向けの防水スプレー6選
  • スエードレザー向けの防水スプレー3選

このようにスタンダードな防水スプレーとスエード用の商品、合計9つのおすすめ防水スプレーをピックアップしました。

また防水スプレーのかけ方や使用頻度まで解説しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

革財布や小物に防水スプレーは必要?

雨の日は革製品には防水スプレーが必要

冒頭でも述べたように、革財布や小物も防水スプレーは必要です。

“シリコン系樹脂”が配合されたスプレーだと、たしかに革にとってはよくありません。
しかし革にやさしい“フッ素樹脂”を選べば、革への負担を抑えて水濡れから守れます。
(シリコン樹脂・フッ素樹脂については後述で解説しています。)

革製品が濡れると、水シミや水ぶくれの原因に。
油分が抜けて乾燥やカビが生えるリスクも十分考えられます。

このようなトラブルを最小限に抑えるためにも、革財布や小物を長持ちさせたいなら防水スプレーを使ってください。

フッ素タイプの防水スプレーは“シミ”になりにくい

防水スプレーには、以下の2種類があります。

  • 革表面をコーティングする「シリコンタイプ
  • より細かく革の繊維をコーティングする「フッ素タイプ

シリコンタイプは革表面をコーティングするので、革の呼吸を損なってしまいます。

一方、フッ素タイプの防水スプレーは粒子が細かく、革の繊維までコーティングできるので通気性を損なわず天然素材に最適。
吹き替えけても革のシミになりにくのもメリットです。

レザー用で防水スプレーを選ぶなら、フッ素タイプを選んでください。

こういった成分の違いもあり、「防水スプレーはいらない」「防水スプレーは必要」と2極に別れてしまうんですね。

スポンサーリンク

革財布・小物におすすめのレザー防水スプレー6選

ここからは革製品におすすめの革用防水スプレーを6つ紹介。

革のケアを第一に考えたレザーケアブランドの防水スプレーなので、革製品の扱いに自信のない方は以下の商品か検討してみてください。

①Collonil ウォーターストップ

コロニルウォーターストップ

価格2,420円
成分フッ化炭素樹脂
容量400ml

革製品のメンテナンス用品の大定番といえば「コロニル」。
創業から110年以上つづく超老舗レザーケアブランドで、本革にやさしい品質の高さから愛され続けています。

フッ化炭素樹脂をつかったスタンダードな防水スプレーで、革の繊維にグッと浸透。
水分が革に染み込むのを防いで、乾いた後でもシミになりにくいのが特徴です。

【左の水滴:防水なし/右の水滴:防水あり】コロニルウォーターストップの撥水効果引用:COCOMEISTER公式サイト

上記写真はコロニルウォーターストップの防水効果の実験。
防水側の水滴は革の表面に浮いているようで、拭き取ってもシミになっていないのがわかります。

革用の防水スプレーをどれを選ぶか迷った時は、コロニルウォーターストップを選んで間違いありません。

≫300件以上の口コミで高評価≪

商品の詳細・購入はこちら

②M.MOWBRAY プロテクターアルファ

モゥブレイプロテクターアルファ

価格1,500円
成分フッ素樹脂
容量125ml〜300ml

モゥブレイもコロニルと並んで代表的なケアブランドですね。
機械で大量生産せず、職人の手でケアクリームなどを製造するこだわりの強さから選ばれ続けています。

環境にやさしいフッ素を配合しているので、革財布や小物だけでなく衣類にも使用可能。
これ一つで幅広く防水コーティングできるので、雨の日の強い味方です。

もちろん粒子の細かいフッ素が革の繊維に浸透するので、防水効果は文句なし。

通気性を損なうことなく、あなたの革製品を水濡れから守ってくれます。

容量を選べるので、「大きすぎて余った…」ということもありません。

商品の詳細・購入はこちら

③COLIMBUS アメダス

コロンブスアメダス

価格2,160円
成分・フッ素樹脂
・石油系炭化水素
容量420ml

水濡れだけでなく、汚れまでガードしたい方におすすめなのが「コロンブスアメダス」。

革の繊維を1本ずつコーティングして撥水するフッ素樹脂だけでなく、石油系炭化水素もブレンドしています。

コロンブスアメダスの撥水効果引用:コロンブス公式サイト

石油系炭化水素は、汚れや油を分解する撥油剤
ホコリ・ゴミ・汚れから革製品を守って綺麗な状態をキープしてくれます。

「汚れ落としの手入れはいつもやらない」という方は、コロンブスの革用防水スプレーはどうでしょうか。

≫Amazonなら定価よりオトク!≪

商品の詳細・購入はこちら

④SAPHIR ナノプロテクター

サフィールナノプロテクター

価格2,420円
成分・フッ素樹脂
・石油系炭化水素
容量250ml

サフィールナノプロテクターは、ナノテクノロジーを用いた強力防水スプレー
ナノ技術で構成された微小な粒子が革繊維のすみずみまで浸透し、強力撥水するのが特徴です。

ナノ技術で生み出されたナノプロテクターは革の通気性に影響しないので、健やかな革を維持できます。

また先ほどのコロンブス同様に石油系炭化水素を配合。
防汚効果も期待できるクオリティの高いレザー防水スプレーとなっています。

商品の詳細・購入はこちら

⑤Collonil 1909シュプリームプロテクトスプレー

コロニルシュプリームプロテクトスプレー

価格2,200円
成分・フッ化炭素樹脂
・シーダーウッドオイル
容量200ml

シュプリームプロテクトスプレーは防水だけでなく、革の栄養補給もできるワンランク上の防水スプレー。
栄養成分「シーダーウッドオイル」をブレンドしているので、スプレーを吹きかけるたびに革のケアができます。

吹きかけるたびに革に栄養を与えられるのは贅沢ですね。

クリームケアのしにくい革製品クリームケアが手間という方には、特におすすめの防水スプレーです。

当商品は先ほどのコロニルの最高級ライン。
高級な財布・鞄・小物には、ぜひシュプリームプロテクトスプレーで天然レザーをいたわってあげてください。

商品の詳細・購入はこちら

⑥Collonil 万能防水スプレーナノプロ

コロニルナノプロ

価格2,420円
成分・フッ化炭素樹脂
・シリコンオイル
容量300ml

このコロニルの防水スプレーは、ナノ技術で構成されたフッ素シリコンオイルのダブルパワーで強力撥水。
革への水の侵入を強力に防ぐので、革表面に水滴が浮き上がる“ロータス効果”を再現します。

表面張力により水滴となった水とともに、革表面についたゴミやホコリも一緒に落としてくれます

シリコンオイル配合ですが、フッ素を主成分としているので通気性を損なわないのが魅力。

「絶対に大切な革製品を濡らしたくない!」という方は一度試す価値があります。

商品の詳細・購入はこちら

スエードレザー用おすすめ防水スプレー3選

続いてスエードレザー用の防水スプレーを3つ紹介します。

上述で紹介した防水スプレーの中には、スエードに使える商品もあります。
しかしスエード用のスプレーは、撥水効果だけでなく毛並みを整えたり起毛を補色したりする効果があるんです。

スエードタイプの革製品を使っている方は、スエード専用の防水スプレーをチェックしてください。

①SAPHIR スエード&ヌバックスプレー

サフィールスエード用防水スプレー

価格1,944円
成分・フッ化炭素樹脂
・アーモンドオイル
容量200ml

スエード用防水スプレーのなかでも人気なのが、サフィールの起毛革専用スプレー。

撥水効果のあるフッ化炭素にくわえて、スエードに栄養を与える「アーモンドオイル」を配合しました。

スエードはクリームで栄養補給できない素材。
とはいえケアしないと乾燥などで劣化するので、サフィールでスエードに栄養を与えてあげましょう。

またサフィールでは10色以上の顔料を展開していて、スエードの補色にも役立ちます。

▼サフィールの補色効果▼サフィールスエード用防水スプレーの効果

このように白っぽく色あせたスエードも、本来の色を取り戻せます。
顔料は高濃度に配合されているので、キズや色剥げまできっちりカバー

オールマイティーにスエードをケアするなら、一つは持っておきたいアイテムですね。

商品の詳細・購入はこちら

②M.MOWBRAY スエード用防水スプレー

モゥブレイスエード用防水スプレー

価格1,650円
成分・フッ素樹脂
・ラノリン
容量220ml

先ほど紹介したモゥブレイの防水スプレーに、スエードへの栄養効果・発色効果をプラしたのがスエード専用防水スプレー。

この防水スプレーには、「ラノリン」という動物性由来のワックスを配合しています。
革にうるおいを与えツヤを出す効果があり、スエードの鮮やかさを取り戻してくれます。

ラノリンは化粧品に使われることもあるほど、安全性が高いので革への負担はありません。

色あせがそこまで気にならないようであれば、モゥブレイのスエード専用防水スプレーがおすすめです。

商品の詳細・購入はこちら

③Collonil ヌバック+ベロアスプレー

コロニルヌバック用防水スプレー

価格1,650円
成分・フッ化炭素樹脂
・植物オイル
容量200ml

ツヤ出しなどは別途手入れで行い、基本的な用途が“防水”だけならコロニルが定番ですね。

他商品同様にフッ素にくわえて、植物オイルを配合。
スエードレザーに栄養を与えて美しい風合いを保ってくれます。

補色作用もありますが他のものよりカラーバリエーションが少ないので、「できたら補色も」くらいに捉えておくといいでしょう。

スエード本来の質感を取り戻すのにおすすめの防水スプレーです。

商品の詳細・購入はこちら

革用防水スプレーの基礎知識

基本的な革用防水スプレーの使い方使用頻度を解説します。

とはいえ後述するのはあくまで目安。
商品によって若干使い方が違うこともあるので、一度商品ごとの使用方法を確認してください。

【吹きかけ方】防水ケアの手入れの順番

革製品への防水スプレーの吹きかけ方はこちら。

  1. 馬毛ブラシで革製品のゴミやホコリを落とす
  2. 革製品から30cmほど離して、軽く濡れる程度までスプレーを噴射
  3. スプレーが乾くまで10分〜20分待つ
  4. 革表面をクロスで磨くように乾拭きする
    ※表面がツルッとした革の場合のみ

基本は吹きかけてから乾拭きして完了です。
スプレーが近すぎると一点にスプレーが塗布されシミになる危険性があるので、30cmほど離すよう注意してください。

またスプレーが乾いだ後に“くすだ”ようになることもあるので、仕上げに乾拭き磨きすると綺麗に仕上がります。

革がスプレーで濡れるのは不安でしょうが、乾くと元どおりになります
相性の悪い素材もあるので、一度目立たない場所でテスト噴射しておくといいでしょう。

【頻度】雨の日・雨予報の日に吹きかけるのが最適

防水スプレーは汚れ防止にもなりますが、使用頻度は以下のようなタイミングの時だけで十分です。

  • 雨の日
  • 雨予報の日

高頻度で吹きかけていると、革が劣化しやすくなったりシミ・カビの原因になったりします。

また商品によっては「新品の革製品に吹きかけて下さい」と記載していますが、筆者個人としては新品時の防水スプレーの吹きかけはおすすめしません

前述でも触れたように、スプレーが乾いた後にくすんだ仕上がりになるからです。
さらに商品の中には《油分を分解する撥油剤》が含まれているので、革に染み込んだ油分を損う可能性もあります。

革用防水スプレーを吹きかけるのは、基本は雨の日・雨が降りそうな日を目安にしてください。

スポンサーリンク

防水スプレーは屋外で使用してください

防水スプレーを革製品に吹きかける際は、できるだけ屋外で使用しましょう

防水スプレーを吸いすぎると最悪、死亡します

化学物質による急性中毒について啓発活動を行う「日本中毒情報センター」によると、防水スプレーにこの樹脂が含まれていると、肺に付着して酸素をうまく取り入れられなくなると考えられているということです。最悪の場合、呼吸困難になって死に至ることがあるというのです。

(出典:NHK NEWS WEB)

防水スプレーに含まれる樹脂が肺にはいると、肺の中が“防水”され酸素を取り込めなくなるというわけです。

浴室や密閉された室内で防水スプレーを使用し、搬送される事例は毎年起きています。

安全に使用するためにもベランダや玄関を開けた状態で、スプレーを吸わないように扱ってください。

通販サイトで安い防水スプレーをつかっても防水効果は得られますが、革を長持ちさせるなら革専用の防水スプレーを選んでみませんか。
革用なら革の繊維まで届くフッ素樹脂を配合し、革の栄養効果や防汚効果なども得られます。

あなたが革製品と長く付き合っていくためにも、適度に防水スプレー吹きかけいてください。