【レビュー】所作のカードケース(名刺入れ)。使い心地・質感を写真で解説

4.0
『所作』のカードケースをレビュー。名刺入れの使い心地や質感まで写真で解説所作

当記事では、個性的なデザインで人気の「所作」のカードケースをレビュー。

一枚革を“折り紙”のように手で織り込んで仕立てた所作のカードケースですが、とにかくシンプルだけど独創的でカッコ良かったです。

またデザインだけだけでなく、カードが取り出しやすく使い心地も満点
名刺交換の時に「名刺の角が引っかかる」といったトラブルもありませんでした。

そんな所作のカードケースの良いところや悪いところを、写真をたっぷり添えてレビューしていきます。

なにはともあれ、所作のカードケースのデザインにピンっときた方なら絶対満足できるアイテムでした。

≫カラーによっては在庫が少なくなっています≪所作のバナー

商品の詳細・購入はこちら

※平日13時までの注文で翌日お届け
キャッシュレスで5%還元

スポンサーリンク

《総合評価》所作のカードケースを手にとってレビュー

所作のカードケースの総合評価

価格
価格:9,000円
デザイン
“侘び寂び”を感じる個性的で美しいデザイン
使い心地
留め具がないが、横幅が広く取り出しやすい
質感
素材本来の風合いで、柔らかくて畳みやすい
ビジネス
カラーによってはカジュアルになりすぎる

やはり所作のカードケースはデザイン性がバツグンによく、何度も手にとって見入ってしまうほどです。
日本の「袱紗(ふくさ)」をモチーフにしているだけあり、日本古来の美意識が表現されています。

それでいて価格も1万円以下なので自分へのご褒美はもちろん、大切な方へのプレゼントにも最適です。

またカラーにもよりますが、黒色系なら名刺入れしてビジネスシーンにもマッチするはず。
会社で使うなら、黒色や茶色などがおすすめです。

シンプルですが、そのデザイン・コンセプト・設計は、感性をくすぐるような魅力がありました。

所作のカードケースを使ってわかった5つの特徴

所作のカードケースを使ってわかった5つの特徴

では実際に所作のカードケースを手にして感じた「良かった部分」をお伝えしていきます。

  • 一枚革で仕立てる独創的なデザイン性
  • 横幅に余裕があってカードを取り出しやすい
  • カードポケットが2つあって便利
  • 滑らかな手触りの本革をつかっている
  • 薄くてポケットにスッと入れやすい

所作のカードケースは至ってシンプルですが、それでも「一枚革」で仕立てられた独自のデザインが魅力でしたね。
まさに日本独自の「モノを包む」という文化や伝統をデザインに落とし込んでいます

また比較的ゆとりのあるポケットなので、名刺やショップカードをスムーズに取り出せました

≫カラーによっては在庫が少なくなっています≪所作のバナー

商品の詳細・購入はこちら

※平日13時までの注文で翌日お届け
キャッシュレスで5%還元

【特徴①】一枚革で仕立てる独創的なデザイン性

一枚革で仕立てる独創的なデザイン性日本古来の礼儀作法「折型」を表現したカードケース

所作の製品の最大の特徴が「一枚革」で仕立てていること。
パーツを縫い合わせたりすることなく、一枚のレザーを“折り紙”のように織り込んで仕立てているんです。

そのため所作の名刺入れには縫い目が一つもなく、洗礼されたデザインになっています。

所作のカードケースはボルトで固定されているボルトは外側から見えないよう配慮

しかも内側からボルトで固定しているので、カードケースがバラけることはありません。

所作のカードケースのモチーフになっているのが、「袱紗(ふくさ)」というお祝いものを包む様式。
日本伝統として600年以上つづく、“礼の心”を表す形なんです。

実際に所作のカードケースを使ってみると、贈答品を広げるかの如く日本らしい振る舞の美しさを感じました。

たとえば名刺交換の際など、凛とした立ち振る舞いに変えてくれるかもしれません。

所作のカードケースは手作業で仕立てている

所作の名刺入れは、一つずつ手で折って仕立てているんです。

コンセプトになっている「折型」は設計が複雑なので、機械では仕立てられません。

手間暇かけた人の手の温もりを感じられるのも所作の製品の魅力の一つ。
「妥協なく手仕上げする」という部分も、日本の職人精神を感じさせらます。

【特徴②】横幅に余裕があってカードを取り出しやすい

所作のカードケースは横幅に余裕がある名刺サイズより2cmほどゆとりがあるので、名刺が引っかかることはありません。

所作のカードケースのポケットは、横幅にゆとりがあり名刺やカードが取り出しやすくなっています

例えば名刺交換の時に「名刺が角に引っかかって取れない」といった経験ありませんか?
所作のカードケースはポケットの幅に余裕があるので、もたつくことなくスムーズに名刺を取り出せます。

またポケットが広めに設計されているので、20枚以上は名刺を入れられますね。

筆者は名刺交換の際に名刺が引っかかる経験が何度もあるので、スムーズに名刺を取り出せる点は個人的に嬉しい設計でした。

【特徴③】カードポケットが2つあって便利

所作のカードケースはポケットが2つある

所作のカードケースは幅に余裕があるだけでなく、サブのポケットがありました。
メインポケットの外側に簡易的なポケットが用意されているので、頂いた名刺を入れるのにぴったりです。

またショッピングカードや診察券を入れるカード入れとして使うなら、使用頻度の多いクレジットカードやICカードを入れておくのにも便利です。

革を折り紙のように折って仕立てたアイテムだからこそ、こういったポケットが生まれるのは面白いですね。

【特徴④】滑らかな手触りの本革をつかっている

所作のカードケースの革の質感革本来の風合いが残っているので、革好きな方にもオススメです。

所作のカードケースは柔らかい天然レザーをつかっているので、本当に“包み”を広げるような感覚で広げられました。
「もっとハリがあるのかな」と思ってましたが、革は滑らかで柔らかい質感ですね。

本革が柔らかいので、折りたたみやすいです。

というのも所作の革製品は、世界でも珍しい「ピット槽なめし」という加工をした本革を使用。
通常の5倍以上の手間暇がかかる製法で、革本来の風合いをしっかり残しているんです。

所作のカードケースの内装所作カードケースの内側の様子。
表版とちがい、革のザラつきをやや感じます。

さらに、染料で革の芯まで染め上げる「水染め」をすることで、革が呼吸できるよう仕上げているところも魅力の一つ。
革の芯まで染め上げることで、革が劣化しにくくカビが発生を防げます

ちなみに水染めの反対が「顔料仕上げ」で、これは革の表面に染料を塗って仕上げています。
“壁にペンキを塗る”ようなイメージで、革が呼吸できないんですね。

所作のカードケースは植物成分をギュッと染み込ませた革を使っているので、滑らかでキメの細かい手触りが特徴です。

【特徴⑤】薄くてポケットにスッと入れやすい

所作のカードケースは薄い

所作のカードケースは一枚革で地建てられているので、余計な厚みがなくスリム
上記写真のようにiPhoneくらいの厚さなので、スーツの内ポケットや鞄のポケットにもスッと入ります。

ムダに分厚くないので、ポケットにいれてかさ張ることもなし。

ちょっとした打ち合わせやミーティングの時でも、手軽に名刺入れを持ち歩けます。

≫天然レザーをつかった美意識溢れるカードケース≪所作のバナー

商品の詳細・購入はこちら

※平日13時までの注文で翌日お届け
キャッシュレスで5%還元

目立った欠点はなし?所作の名刺入れのイマイチな部分

今回所作のカードケースを使ってみましたが、正直あまり悪い部分はなかったですね。
侘び寂びのような趣あるデザインながら、シンプルで使いやすかったです。

強いてイマイチな部分を挙げるとすれば以下の2つ。

  • 革にシワや血筋が残っている場合がある
  • コバ(革の断面)磨きがされていない

【注意点①】革にシワや血筋が残っている場合がある

所作のカードケースの表面開封直後のカードケースですが、シワがあるのがわかります。

所作のカードケースは、新品でもシワや筋がある場合もあります。

上述したように所作のカードケースは、革本来の質感を生かした製法で仕上げています。

そのため天然レザー特有の、

  • しわ
  • キズ
  • 血筋
  • シミ

が残っていることも。
これは動物のシワや血管の痕がそのまま残っているだけなので、粗悪品ではありません。

むしろ天然素材をそのまま使っている証拠です。

とはいえ均一された仕上がりの素材を好むなら、別のカードケースを手にすることをお勧めします。

【注意点②】コバ(革の断面)磨きがされていない

革好きな人しか気にならないでしょうが、所作のカードケースはコバ(革の断面)が磨かれていません
「革そのもの」といった感じで、良くも悪くも無骨な印象です。

コバまでしっかり磨かれていたら、個人的には100点満点でしたね。

とはいえ口コミやエイジング画像で「コバがぼろぼろになった」っという声はないので、コバにこだわりがなければ気にならない程度の問題でしょう。

スポンサーリンク

その他の「所作」カードケースの口コミ・評判

世の中で実際に所作のカードケースを使っている方の口コミもまとめてみました。

みなさんお洒落な見た目から、所作のカードケースを選んでいますね。
「お財布とカードケース使ってるけど評判良い」という声も。

また財布と揃えている方もたくさんいらっしゃいました。

所作のデザインが好みの方は、財布と名刺入れを揃えてみるのもアリではないでしょうか。

所作のカードケースの経年変化について

所作のカードケースの革は、余計な加工を施していないので経年変化がハッキリ表れます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. . 経年変化/白和紙 →約3ヶ月使用 昨日と異なり、革らしくない経年変化のご紹介。 白和紙コインケース、ほぼポケットに入れて使用しているのでエイジングは早め。 (財布でポケットに入れなければなら1年ほど?) 摩擦で下地の黒色が少しずつ出てきました。今が1番楽しい時かもしれません(たぶんずっと言ってそう)。 部分的ですが白和紙の毛羽立ちもクリームで寝かせると落ち着きます。 #所作 #一枚革 #袱紗 #所作経年変化 #ノーノーイエス #ノーノーイエス東京 #ノーノーイエス大阪 #ノーノーイエス姫路サロン #経年変化 #エイジング #白和紙 #ロマン #shosa #nonoyes #aging

所作_shosa(@nonoyes_shosa)がシェアした投稿 –

染料を革に浸透させているだけなので、皮脂や日光で変化が表れやすいんですね。
そのため「革の経年変化を楽しみたい!」という方にもおすすめ。

革製品の扱いに慣れていない方は、所作のカードケースから革を育ててみてはどうでしょうか。

所作のカードケースの《手入れ方法》

【レザークリームおすすめ8選】革財布の手入れで失敗しない選び方

所作のカードケースの経年変化を楽しむなら、たまに手入れもしてあげましょう。
新品の頃は手入れは不要ですが、使いつづけてカサつきを感じたら手入れのタイミングです。

以下の方法で革に栄養や水分を補給してあげましょう。

  1. 馬毛ブラシや柔らかい布でホコリやゴミを払う
  2. レザー用クリームを「米粒ほど」クロスにつけて名刺入れに塗り込む
    ※米粒ほどの量のクリームを少しずつ足していくイメージです。
  3. クリームが乾くまで、風通しのいい日陰で乾かす

所作のカードケースの素材も、人間とおなじ動物の皮。
使いつづけると、次第に乾燥してカサついてきます

そのままにしているとひび割れの原因になりかねないので、たまに革の様子をみてあげて必要ならメンテナンスしてあげましょう。

また所作の公式サイトでは、製品のメンテナンスも受付中
有料ではありますが、解体してメンテナンスしてくれます。

【メンテナンスのご依頼・お問合せ⇒himeji@nonoyes.co.jp】
※基本料金¥4,400〜

《店舗情報》所作のカードケースが手に入るのはココ

所作は全国に3店舗あります。

▶︎東京北参道本店

  • Open : 15:15〜19:19
  • 定休日 : 月曜・火曜
  • 住所:渋谷区千駄ヶ谷3-2-8

▶︎大阪北新地店

  • Open : 15:15〜21:21
  • 定休日 : 月曜・火曜
  • 住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-4 岩伸スプレッドビル1F-C

▶︎姫路大手前店

  • Open : 15:15〜19:19
  • 定休日 : 月曜・火曜
  • 住所:渋谷区千駄ヶ谷3-2-8

このように所作の直営店は、東名阪の3箇所にしかありません。
お近くに実店舗があれば、実際に手に触れてみるといいでしょう。

店舗が近くにない方は、公式サイトでの注文となります。

手作業で仕立てているだけあり在庫も決して多くないので、気になっているアイテムがあれば早めにチェックしておくことをお勧めします。

≫所作の公式取扱サイトはこちら≪所作のバナー

商品の詳細・購入はこちら

※平日13時までの注文で翌日お届け
キャッシュレスで5%還元

「普通の名刺入れでは物足りない」なら所作がおすすめ

普段使いできて、かつデザイン性にこだわるなら所作のカードケースを検討してみてください。

パッと見はシンプルですが、日本の伝統文化を表現したデザインはまさに唯一無二。
デザインだけでなく使い勝手もバツグンなので、プライベートでもビジネスシーンでも使いやすいです。

値段も1万円以下なので自分へのちょっとしたご褒美や、プレゼントとしても選びやすいですね。

直感的に所作のデザインが好きだと感じているなら、一度手にして損はありません。

≫カラーによっては在庫が少なくなっています≪所作のバナー

商品の詳細・購入はこちら

※平日13時までの注文で翌日お届け
キャッシュレスで5%還元