《革製メンズ名刺入れ》おすすめブランド9選。30〜40代向けの日本製を厳選

《革製の名刺入れ》メンズブランド9選。30〜40代に人気の日本製を厳選革小物

社会人の必需品の一つ「名刺入れ」。
取引先の目に入るものなので、革製の上質なものを選んでみてはどうでしょうか。

ワンランク上の上質カード入れを探している男性に向けて、このページでは革製名刺入れのおすすめメンズブランドを9つご紹介します。

素材にこだわりたい本格派の男性のめに、職人仕上げの日本製だけをピックアップ。
人の上に立つようになった30代〜40代男性の気品を、今以上にグッと引き立ててくれるはずです。

また本革のメンズ名刺入れは、男性へのプレゼントにもピッタリ◎
大切な人への贈り物を探している人も参考にしてください。

スポンサーリンク

本革名刺入れの選び方は?この素材がメンズにおすすめ

革製のメンズ名刺入れを選ぶ時は、堅めのレザー素材がポイント。
堅い本革なら形崩れしにくいので長持ちします。

堅牢なレザー素材としてポピュラーなのが、

といった2つ。

コードバンはメンズ名刺入れでも人気の素材で、ハリと光沢があるのでアダルトな高級感が漂っています。
30代〜40代の紳士な男性なら、コードバンの名刺入れを選んで間違いありません。

また牛革も耐久性があり、カード入れにオススメです。

牛革の中にはソフトなものもあるので、「型押し加工された牛革」「ブライドルレザーのようなハリのある牛革」を選ぶといいでしょう。

《日本製ブランド》職人仕上げのおすすめメンズ本革名刺入れ

まずはじめに「ビジネスシーンで一目おかれる本革メンズ名刺入れ」を6つご紹介します。

シンプルで謙虚なデザインながら、上質素材と職人仕上げが魅力的。
落ち着いた大人デザインの名刺入れが見つかるはずです。

①COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスターの本革メンズ名刺入れ

価格12,000円〜38,000円
素材コードバン(馬革)、牛革

30代以上の男性に人気のメンズブランドが「ココマイスター」。
シンプルならがエレガントな本革名刺入れを職人が手がけています。

数少ない希少なレザーを贅沢に生かしたカード入れで、名刺交換のファースインプレッションで圧倒的存在感を与えられます。

大人の気品高い風合いで、信頼性を印象付けること間違なし。
シックなテイストの素材使いなので、いい意味で“ガンコな男”を演出できると思いませんか。

30代を超えた男性なら、ココマイスターのメンズ名刺入れを持っておいて絶対損はありません。

②GANZO(ガンゾ)

ガンゾの本革メンズ名刺入れ

価格17,600円〜41,800円
素材コードバン(馬革)、牛革

日本製レザーブランドで外せないのが「GANZO」。
そんなガンゾもメンズ名刺入れを多数展開しています。

やはり一番人気は『コードバン』の名刺入れ
余計なものを全て削ぎ落とした洗礼されたシンプルさで、年齢問わず引き締まった大人の風格を感じさせてくれます。

ガンゾの本革メンズ名刺入れの内装内装はポケットの数も多く、自前の名刺だけでなく取引先の名刺もスムーズに収納できます。

表面には透明感のあるツヤが美しいコードバンで、内装はしっとりした手触りが魅力の牛革
ハリのあるコードバンで形崩れしにくいだけでなく、牛革の滑らかな質感を楽しめます。

シンプルで落ち着いたデザインを好む男性は、ガンゾの本革メンズ名刺入れがおすすめです。

③万双

万双の本革メンズ名刺入れ

価格9,350円〜19,800円
素材コードバン(馬革)、牛革

「万双」の革製メンズ名刺入れは、革職人のこだわりがギュッと詰まった逸品。

たとえば上記写真のカード入れのレザー素材は、6年以上の開発期間がかかっています。
通常の2倍の手間ひまのかかる本革で、丈夫さとしなやかさを実現しました。

一般的なレザーよりも厚みがあり耐久性が高いので、5年10年と長く愛用できます。

メンズ名刺入れのサイズ感や革のこし感、実際につかうときの機能性などを職人がじっくりこだわり抜き完成した名刺入れです。

商品の詳細・購入はこちら

※キャッシュレスで5%還元中

④PORTER(ポーター)

ポーターの本革メンズ名刺入れ

価格7,500円〜2,4000円
素材コードバン(馬革)、牛革

会社で活躍する男性なら吉田カバンの「ポーター」というブランドをご存じではないでしょうか。

創業80年以上の歴史をもつブランドで、多くのビジネスバッグや革財布などを手がけてきました。

“革の名刺入れ”という高額なイメージですが、ポーターのカード入れはリーズナブル
高くても24,000円ほどなので無理なく手にできます。

また仕事道具としての使い勝手を意識した設計で、「使いやすく手放せない」という口コミが多いです。

手にすればきっと長い歴史の中で培った知識と技術を感じられるはずです。

商品の詳細・購入はこちら

⑤土屋鞄製造所

土屋鞄製造所の本革メンズ名刺入れ

価格18,700円
素材牛革

革のシボ(シワ)の魅力を引き立たせる製法が魅力的なのが「土屋鞄製造所」。

余計な加工をせず天然成分で仕上げたレザーなので、経年変化が顕著に表れます。
使い込むほどに味わい深い光沢感が生まれるので、素材を楽しむ本物志向な第一印象を与えられます。

素材がオイルをギュッと含ませた革なのでソフトな弾力。
しかし形崩れしやすいというわけではなく、芯のある本革の強靭さを兼ね備えています。

土屋鞄製造所のメンズ名刺入れで、天然レザーの移り変わる表情を楽しんでみてはどうでしょうか。

商品の詳細・購入はこちら

※人気商品のため在庫が少なくなっいます。
キャッシュレスで5%還元中

⑥aniary(アニアリ)

アニアリの本革メンズ名刺入れ

価格10,450円〜14,300円
素材牛革

アニアリは、レザーの“渋さ”とファッション性を取り入れたレザーブランド。

落ち着いたカード入れにしたいけどデザイン性は捨てがたい…」という葛藤を見事に解消してくれる、スタイリッシュなメンズ名刺入れを手がけています。

ファッション性のある本革名刺入れなので、名刺交換の時にあなたのセンスに色付けてくれます

“よくある名刺入れ”とは少し違ったテイストなので、印象に残りやすいかもしれません。

スーツを着る会社だと仕事でオシャレなんて難しいですよね。
そんな方は、名刺入れなどの小物で個性を出してみませんか

≫おしゃれ、だけど大人っぽい≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
キャッシュレスで5%還元中

《注目ブランド》デザイン・コスパに優れた本革メンズ名刺入れ

つづいて個性的な注目ブランドの本革メンズ名刺入れを3つご紹介します。

フリーで働いている方やプライベートで人と会う方など、カジュアルにつかえる本革カードケースをピックアップしました。

①所作

所作の本革メンズ名刺入れ

価格9,000円〜10,000円
素材牛革

所作のメンズカードケースは、日本古来の「袱紗(ふくさ)」がモチーフ。

袱紗とはお祝いものを包む一枚布のことで、所作のカードケースも“1枚革”で仕上げられているんです。

日本様式をコンセプトした構造は美しく、名刺を取り出す所作(動き)を引き締めてくれます。
日本デザインの“わびさび”を彷彿されるシルエットで、まさに唯一無二のメンズ名刺入れです。

所作のカードケースの総合評価

素材には天然成分で仕上げた牛革を使用。
丈夫な天然レザーを使っているだけでなく、縫い目がないので“ほつれる”こともありません

伝統を重んじたコンセプトと独特のデザインが人気で、何年も愛用してる方が多いブランドです。

②JOGGO(ジョッゴ)

joggoの本革メンズ名刺入れ

価格6,900円
素材牛革

革製の名刺入れって、なかなかオーダーメイドタイプがありませんよね。

名刺入れをオーダーメイドしたい!」という男性にはジョッゴがオススメ。
ジョッゴは革製品をオーダーメイドできるブランドで、14種のカラーを細かく部分ごとに組み合わせられます

【名刺入れのカスタム画面】joggoの本革メンズ名刺入れをデザインしているところ

カラーだけでなく、ロゴや名入れの刻印の種類まで変更可能です。

もちろん素材は天然の牛革だから長持ち。
オーダーが入ると、革職人が染色された牛革を仕立ててくれます。

ジョッゴで自分だけのメンズカードケースをオーダーしてみてはどうでしょうか。

③Hallelujah(ハレルヤ)

ハレルヤの本革メンズ名刺入れ

価格3,333円
素材牛革

「ハレルヤ」というブランドは、安くておしゃれな革製品を手がけています。

メンズ名刺入れも内装まですべて本革使用なのに4,000円以下とリーズナブル。
ポケットが2箇所あるだけと究極のシンプルさで、「念のため数枚だけ名刺を持ち歩きたい」という男性にぴったりです。

ハレルヤの本革メンズ名刺入れを使っているところカードが取り出しやすいように「U字型」にカットされた部分がアクセントに。カードは合計10枚ほど入ります。

安いと言っても使っているのは合皮ではなく天然の牛本革
内装まできちんと革製になっています。

リーズナブルなので自分へのご褒美や、男性へのプレゼントにも最適ですね。

【手入れ方法】カサつき始めたら名刺入れをメンテナンス

革財布の手入れに必要なクリームやブラシ、クロス

本革のメンズカードケースを長持ちさせるなら、定期的に手入れをしてあげましょう。

人もスキンケアをしないと肌がボロボロになりますよね。
本革も元は動物の皮なので、放置しているとひび割れなどを起こします

革製カードケースの手入れ方法がこちら。

  1. 馬毛ブラシで名刺入れのホコリやゴミを落とす
    ※柔らかい布でもOK
  2. クロスにレザークリームを「米粒ほど」つけて革に少しずつ塗り込む
  3. クリームが乾くまで風通しの良い日陰で乾かす

【頻度】1ヶ月に1回(カサつきが目立ってきたら)
※購入したばかりの頃は油分が多いので、クリームケアをしなくても問題ありません。

基本的には上記3ステップで大丈夫です。

日頃はブラッシングで汚れを落として、革が乾燥し始めたらクリームで栄養補給をしましょう。

豚毛ブラシでツヤ出しなどもありますが、絶対に必要な手入れではありません。
革にツヤを当てたい方だけ実践する認識でOKです。

 

より詳しい革の手入れ方法は下記ページで紹介しています。
「革財布」となっていますが、本革カードケースでも共通の方法なので参考にしてみてください。

名刺入れはビジネスシーンでのファーストインプレッション。
どんな物を使っているか、相手に見られているかもしれません

素材にこだわった上質な名刺入れを持っておけば、あなたへの信頼や期待感もグッと高まるはず。

このページを参考に、大人の本格カードケースを手にしてみましょう。