『Slice』鍵ポケット付きコンパクト財布をレビュー。L字財布の決定版かも

ミニマリストに人気!《Slice》鍵ポケット付きコンパクト財布をレビューSlice(スライス)

ミニマリスト志向の方に人気の『Slice』というコンパクト財布。

普通のL字タイプのミニ財布とは違い、

  • 鍵ポケットがついている
  • カードポケットが4箇所ある
  • 小銭が取り出しやすい設計になっている
  • お札を折らなくても収納できる

といた特徴があるんです。

そんなSliceのコンパクト財布を、今回は実際につかってレビュー◎
使い心地やイマイチな部分
など、手にとってみないとわからない部分を解説していきます。

はじめにお伝えしておくと、Sliceのミニ財布は「ミニ財布一つで身軽に出かけたい」「革を育てられるコンパクトな財布を探している」という方は手にして損のない財布でした。

まさに“L字財布の決定版”ともいうべきミニ財布。

とはいえ“イマイチな部分”もあるので、身軽なミニ財布を検討している方は参考にしてください。

商品の詳細・購入はこちら※キャッシュレス支払いで5%還元中。
翌日お届け対応

スポンサーリンク

Sliceミニ財布はクラウドファンディングから誕生

スライスのコンパクト財布はクラウドファンディングの支援で実現

Sliceというミニ財布は、クラウドファンディング(※)から生まれたのをご存知でしょうか。
※クラウドファンディングとは、商品に共感した人が商品開発のための資金的な手助けをするサービスです。

ミニマリストの方々から人気のミニ財布ですが、そのコンパクトさ故に収納力などの機能性が劣るのがネックでした…。
そんな「ココがこうだったらいいのに」を実現するために、sliceの製造に乗り出したんですね。

商品開発のために支援を募った結果、sliceは目標額の3倍の金額(180万円以上)を集めることに成功!

販売開始後、人気カラー「ダークブラウン」は“すぐに完売”したそうです。

そんなユーザーのリクエストから生まれたSliceは、『STYLE STORE』という革小物から生活雑貨まで取り扱う通販サイトが立ち上げました。

Sliceは“STYLE STORE限定”のコンパクト財布。
Amazonなどの他ネットショップでは販売されていないので注意してください。

ここに注意…!Sliceコンパクト財布の注文前に知っておきたいこと

sliceのコンパクト財布の小銭入れ

まずはじめにSliceのコンパクト財布を使ってみてわかった、「手にする前に知っておきたい注意点」を3つご紹介します。

  • 革表面にシワや血筋が残っている
  • 内装は本革が使われていない
  • 片方のカード入れのそこが深い

注文してから「失敗した…」とならないよう、この3点は知っておくといいでしょう。

①コンパクト財布の表面にシワや傷が残っている

sliceのコンパクト財布にはシワが残っているシワ・血筋・キズが残っているのは、天然レザーである証拠。
使い込むたびに革の経年変化を楽しめますよ。

Sliceのコンパクト財布の革表面には、

  • シワ
  • 血筋※血管の痕
  • キズ

といった革本来の痕が残っていました。

商品によってシワや血筋の具合が違うそうなので、注意してください。
革の仕上がりに個体差があるので、均一でキレイに仕上がっている財布を好む方にはSliceのコンパクト財布はおすすめできません。

 

というのもSliceのミニ財布は、革本来の風合いを残すために染料で革表面を塗る加工をしていないんです。
※皮革素材の特徴は、後述で紹介します。

そのため素材に元々ついていた、牛の皮のキズやシワがそのまま残っているというわけです。
天然レザーを贅沢に使っている証拠なので、「新品なのにシワやキズがついてる…」と勘違いしないでくださいね。

②コンパクト財布の内装は革が少ない

sliceのコンパクト財布の鍵ポケット写真にあるのが、Sliceの最大の特徴「鍵ポケット」。
革不使用の内装ですが、コットン生地ゆえに鍵の出し入れがスムーズです。

個人的に「惜しい!」と感じたのが、Sliceのミニ財布の内装に革が使われていなかったこと。
内装はコットン生地なので、外装から内装まで全てレザー仕様というわけではないです。

レザー好きな方からすると、ここは若干気になるポイントかもしれません。

その分、Sliceのコンパクトウォレットはリーズナブルなので一長一短ではありますね。
※Sliceは10,000円以下の《9,472円》と、本革ミニ財布の中でもコスパに優れています。

ちなみに小銭入れには本革を採用
小銭を取り出す時は、天然レザーの滑らかな質感を感じることができます。

③片方のカード入れの底が深い

sliceのコンパクト財布のカード入れはそこが深いしっかり奥まで収納できるので、領収書など大事なものも鍵ポケット側のカード入れに入れておくのもいいですね。

Sliceのコンパクト財布の鍵ポケット側にカードポケットがありますが、底が深いです。
上記写真のようにカードが奥まで入ってしまい、スムーズに取り出しにくいので気をつけてください。

即座にカードを取り出すには不便なので、健康保険証や運転免許証など普段つかわないカードを入れておくといいでしょう。

sliceのコンパクト財布のカード入れにカードを入れたところ

もう片方は、カードポケットオンリー。
3段のポケットがあり、こちらは3段ともカードの頭が見える丁度いい底の深さでした。

ポイントカードやクレジットカードといった使用頻度の高いカードは、こちら側のカード入れに収納していおくと使いやすいはずです。

商品の詳細・購入はこちら※キャッシュレス支払いで5%還元中。
翌日お届け対応

Sliceコンパクト財布を手にしてわかった5つの魅力

sliceのコンパクト財布を使っている様子家の近所のカフェに散歩に行く時は、Sliceのミニ財布が手放せません。
ポケットにスッと入れられて、会計もラクチン◎

つづいてSliceのコンパクトウォレットを実際に使って感じた「ココが良い!」という部分をレビューします。

手にしてみると、以下5つのポイントがオススメできると感じました。

  • 収納ポケットが多く、財布一つにまとまる
  • 普通のミニ財布の3倍は小銭が取り出しやすい
  • 程よい厚みがあり財布が膨れにくい
  • お札を出し入れしやすい構造になっている
  • 天然成分仕上げの栃木レザーで革が育ちやすい

キャッシュレスの要素と、それでも最低限財布は持っておきたいという要素。
Sliceのコンパクト財布は、まさにこの二つの要素を掛け合わせたようなハイブリットな財布でした。

 

これらに加え、《9,472円》という価格設定も嬉しいところ。
天然本革をつかったコンパクト財布は、1万円を超える財布が多いです。

その点Sliceのミニ財布は1万円以下で手にできるので、自分へのご褒美やプレゼントにもぴったり。

初めてのミニ財布でも無理なく手が出せますね。

【特徴①】収納力満点でコレ1つでまとまる◎鍵ポケットの意外な使い道も

Sliceのコンパクト財布の最大の魅力は、圧倒的な収納力
「コンパクトで大容量な財布」をテーマにしているだけあり、納得の機能美でした。

  • カード入れ×4
  • 鍵用ポケット×2
  • 小銭入れ

これだけの収納箇所があるので、荷物を減らしたいミニマリスト志向の方には十分な収納数ですね。

最低限持ち歩きたいクレジットカードや健康保険証はカードポケットに。自宅の鍵は鍵ポケットに収納。
Sliceのミニ財布ならキーケース不要で、いつもよりうんっと身軽さを感じられるはずです。

また鍵ポケットは、《くすり入れ》としての使い道もあります◎

sliceのコンパクト財布の鍵ポケットの使い方偏頭痛持ちなので、いつもロキソニンを持ち歩いています。
財布にも薬を入れて持ち歩けので安心です。

鍵ポケットは2箇所ついているので一箇所は家のカギ、もう一方は普段飲んでいる薬を入れておくのもいいでしょう。

Sliceのミニ財布を一つ持っておけば、カバンの中の持ち物を1つ減らせるはずです。

【特徴②】バツグンに小銭が取り出しやすい

sliceのコンパクト財布の小銭入れの様子財布が広く開くので、小銭だけでなく紙幣やカード類もサッと取り出せます。

Sliceのコンパクト財布を使ってみて感動したのが、小銭の取り出しやすさ
上記写真のように財布全体がガバッと開く仕様になっているので、小銭入れの中を見渡せるんです。

L字タイプのミニ財布は財布が開きにくく、小銭を取り出しにくいのがネックなんですよね…。

さらに!Sliceのコンパクト財布の小銭入れは、底上げされた独自の構造

sliceのコンパクト財布の小銭入れは底上げされている小銭が手前にくるので、夜に自動販売機でジュースを買う時も小銭を探しやすかったですよ。

コインポケットが底上げされている分、小銭が手間にくるので圧倒的に硬貨を取り出しやすいです。

これらの特徴から、“一般的なL字タイプのミニ財布の3倍は小銭が取り出しやすい”といっても過言ではありません。

会計時に財布を開くと、いつもより大きく・そして手前に小銭が。
「10円玉どこだっけ」とモタつくことのないスムーズな会計を、あなたもSliceのミニ財布で体験してみてください。

【特徴③】程よい厚みがあり財布が膨れない

「小銭入れの底が浅いから、財布が膨れそう」と思ったのですが、さすがはSlice。
程よい厚みのあるミニ財布なので、小銭が増えても財布が膨れにくくなっていました

普段は「GANZO」のL字ミニ財布をつかっているのですが、下記画像のとおりSliceの方が若干厚みがあります。

sliceのコンパクト財布の厚み写真左がSlice、右がGANZOです。

程よい厚みがあるので、長く愛用しても形崩れしにくく長持ちしそうです。

くわえてファスナー部分の長さはSliceの方が短いですね。
程よい厚みがありながらも、サイフ全体はコンパクトなのがわかります。

表面をくらべても、Sliceのコンパクト財布の方が小さいです。

sliceのコンパクト財布とganzoのミニ財布のサイズ比較

男性の手にもしっかり収まるサイズ感なので、女性が手にしても馴染みやすいはず。

スーツやジャケットの内ポケットにスッと入るのはもちろん、ポシェットなど女性の小さなカバンに入れてもかさばらないのが魅力です。

【特徴④】お札をスムーズに出し入れできる構造

sliceのコンパクト財布に紙幣を入れたところ真横から紙幣を入れるとファスナーに紙幣があたるので、斜め上から紙幣を入れるのがコツです。

普通のL字コンパクト財布だと、紙幣を真っ二つに折ってから財布にしまうことになります。

しかしSliceのコンパクト財布は小銭入れが底上げされているので、お札をU字にして収納できます。

はじめは不便そうに感じたのですが、慣れると意外とこれがラク◎

紙幣を出すのがスムーズなのはもちろん、お釣りで紙幣をもらったときもわざわざ紙幣を折り込む必要がないのでスムーズにしまえます。

お札を折るのに抵抗がある方でも、Sliceのコンパクト財布なら抵抗なく収納できますね。

【特徴⑤】栃木レザーの滑らかな肌触りが手に馴染む

スライスのコンパクト財布は栃木レザーをつかった職人仕上げ

Sliceのコンパクト財布をはじめて手にした時、滑らかで手になじみやすい肌触りだなあと感じました。

シワや血筋などの天然の風合いが残っているので、レザー好きからするとたまらない逸品。

想像してみてください。

革財布を手にすると、吸い付くような滑らかな本革の質感。そして所々で感じる天然素材のシワによるザラつき。
つい革財布の表面に触れたくなる、素材本来の魅力を生かした仕上がりです。

sliceのコンパクト財布の表面滑らからな質感ですが、光にあてるとシワや血筋が見える。
そんな天然レザーならではの楽しみも魅力の一つです。

というのも今回手にしたSliceの財布のレザー素材は、日本を代表する「栃木レザー」。
※後述で紹介しますが、Sliceのコンパクト財布のレザー素材には3タイプあります。

化学薬品をつかわずに牛革を植物成分で完成させた天然レザーで、

  • タフで長持ちする
  • 余計な加工をしていないから経年変化がハッキリ表れる

といった特徴があります。

よくある安い革財布は“壁にペンキを塗る”ように、表面に染料を塗って仕上げています。
こういった製法は使い続けると、「劣化が目立つ」のが欠点でした。

Sliceのミニ財布は表面を染料で塗るのではなく、革を染め上げる製法をしているので本革ならではの経年変化を楽しめるんですね。

表面を染料で覆っていないので、はじめにお伝えした通りシワや血筋が目に見えているというわけです。

 

さらに、Sliceのコンパクト財布は国内工房の革職人が一つずつ仕上げているそうです。
リーズナブルな財布とはいえ、機械で大量生産しているわけではありません。

「革製品にこだわったことがない」という方も、Sliceのコンパクト財布で天然レザーファンの仲間入りをしてはどうでしょうか。

Sliceミニ財布の《経年変化》の様子

スライスのコンパクト財布の経年変化の様子引用:Makuka

前述したとおり、Sliceのミニ財布は経年変化がハッキリ表れる財布。
使い続けることで、上記写真のように味わい深いエイジングを楽しめます。

よく手に触れる部分は飴色になり、擦れる部分にはツヤが生まれてきます。

Sliceを使う人のライフスタイルにあわせて、革財布が育っていくんですね。

「革を育てたい!」という方は、“キャメル”などの薄いカラーのSliceコンパクト財布がおすすめ。
エイジングも踏まえて、カラー選びをしてみるのもいいでしょう。

商品の詳細・購入はこちら※キャッシュレス支払いで5%還元中。
翌日お届け対応

使ってみてわかった、Sliceのコンパクト財布がオススメの人

sliceのコンパクト財布

Sliceのコンパクト財布をつかってみて、以下に該当する人はSliceがオススメできると感じました。

  • 機能的だけどコンパクトな財布を探している
  • 今使っているミニ財布が小銭を取り出しにくい
  • 大きな財布を卒業して、ミニマルな財布にチャレンジしたい
  • 天然レザーをつかった財布で、革財布を育ててみたい
  • 休日用のコンパクト財布を探している
  • ミニ財布故のお札を折る構造に抵抗がある

Sliceのミニ財布はコンパクトながら、機能美溢れる財布でした。

小銭やお札が取り出しやすく鍵ポケットやカードポケットもあるので、身軽にいきたいお出かけの時は十分すぎる収納力。
家のカギや薬も入れられるので、Slice一つあれば最低限のモノを持ち歩けます。

また素材本来の風合いを生かした栃木レザーを採用。

文句なしの素材品質で経年変化を十二分に楽しめるだけでなく、タフな素材なので長持ちしやすいミニ財布でした。

Sliceのコンパクト財布は1万円以下で手に入るので、上記に該当する人は手にして損はないはずです。

商品の詳細・購入はこちら※キャッシュレス支払いで5%還元中。
翌日お届け対応

Sliceのコンパクト財布が向かない人

一方で下記に当てはまる方は、Sliceのコンパクト財布はお勧めできません。

  • 内装まで革素材で仕上げられていてほしい
  • 札入れがある財布を好む
  • お札を折り曲げたくない
  • 均一でキレイに仕上がっている財布がいい

Sliceは1万円以下とリーズナブルですが、内装の一部がコットン素材
「内装までまんべんなくレザー仕上げがいい」という方は、100%満足は難しいかもしれません。

また栃木レザー本来の風合いを生かす製法で、シワや血筋が残ったまま。
天然レザーである証ですが革の質感には個体差があるので、均一な仕上がりの財布を好む方にはおすすめできないです。

 

上記に当てはまる方は、下記ページもあわせてチェックしてみてください。
L字財布以外にも、“名刺入れサイズ”などいろいろなタイプのミニ財布を特集しています。

Sliceのコンパクト財布は3タイプある

sliceのコンパクト財布は3種類ある写真左から、カーフレザー・豚革・栃木レザー

今回僕は、「栃木レザー」のSliceコンパクト財布を手にしました。

実はSliceには素材ごとに3種類あります。
素材によって若干風合いが違うので、好みに合わせて選んでみてください。

  • 栃木レザーのコンパクト財布(今回レビューした財布)
  • カーフレザーのコンパクト財布(栃木レザーよりも革のキメが細かい牛革)
  • 豚革のコンパクト財布(レディース向き)

カーフレザーは今回レビューした栃木レザーのミニ財布よりも、キメが細かくハリのある牛革。
経年変化はゆるやかですが、長持ちしやすい素材です。

豚革のコンパクト財布は、デザイン的にもレディース向けのミニ財布ですね。

sliceのレディースコンパクト財布

可愛らしくスタイリッシュなテイストなので、女性の服装にもマッチしやすいです。

見た目は本革ぽくありませんが、これは豚革をつかいスエード調に特殊加工した素材
女性が手にすることを想定したミニ財布で、牛革よりも軽い仕上がりになっています。

あなたの好みや女性へのプレゼント、これらも踏まえてSliceのミニ財布を検討してみてください。

Sliceのコンパクト財布で、いつものお出かけをもっと身軽に◎

今回Sliceのミニ財布を手にしてみて、これひとつあれば持ち物が1つ2つ減るなと感じました。

まさにミニマルな人向けのコンパクト財布。
ミニマル志向でなくとも、身軽にいきたい休日用の財布にも十分すぎるつほどマッチする財布でした。

コンパト財布の“かゆいところに手が届く”Slice。

いつも頑張る自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントに選んでみる価値のある本革財布でしたよ。

商品の詳細・購入はこちら※キャッシュレス支払いで5%還元中。
翌日お届け対応