ブライドルレザーとは?革財布の人気素材の特徴や手入れ方法、エイジング例

ブライドルレザーとは?革財布の人気素材の特徴や手入れ方法、エイジング例ブライドルレザー

ブライドルレザーとは馬具に用いる皮革のこと
耐久性の必要な馬具につかう革なので、ロウを何度も塗り込んで耐久性を高めた“牛革”なんですね。

ブライドルレザーをつかった財布は、コードバンやヌメ革と並んで人気の皮革素材。

特にビジネスシーンで活躍する多くの男性から選ばれる革でもあります。

  • 経年変化の具合
  • 革の丈夫さ
  • 使い始めからの手入れ方法

本記事では、このようなブライドルレザーの特徴を余すことなくご紹介。

ブライドルレザーの魅力を知れば、今以上に革財布をもつ楽しみが増すはずですよ。

スポンサーリンク

革財布の素材「ブライドルレザー」とは?

冒頭でもお伝えしたように、ブライドルレザーとはもともと馬の頭部につける馬具の総称

一般的な牛革と違い、蜜蝋(みつろう)を表面に擦り込んだ“牛革”です。

ブライドルレザーのブルームの様子引用:COCOMEISTER

はじめは貴族や騎手のためにつくられた皮革でしたが、馬具に用いられるほど丈夫なことから財布や鞄などの素材に使われ始めたんですね。

また雨の多い英国の気候のピッタリの素材だった、というのも注目され始めた理由です。

ブライドルレザーは、1000年以上前からつくられている伝統的な皮革。

最近では伝統的なブライドルレザーの製法も珍しくなってきているので、改めて注目されています。

ブライドルレザーの財布を見分けるポイント

ブライドルレザーの財布かどうかを見分けるポイントは、「ブルーム」と呼ばれる白い粉

前述したようにブライドルレザーはロウを塗り込んだレザーです。
そのためブライドルレザー財布の表面は、ロウが浮き上がり白くサラサラしています

ブライドルレザーの革財布を選ぶ際は、皮革表面にブルームがあるかどうかをチェックしてみてください。

ちなみにブライドルレザー財布を使い込むと、ブルームがなくなり光沢感が出てきます
中古品を購入する場合は見た目での判断がしにくいので、皮革素材をしっかり確認するといいでしょう。

スポンサーリンク

ブライドルレザー財布の4つの特徴

ブライドルレザーの特徴引用:土屋鞄製造所

ロウの白い模様が魅力のブライドルレザーですが、その他にも4つの特徴があります。

  • エイジングによって光沢感のある表情に変わる
  • 革の繊維が引き締まっていて丈夫で長持ち
  • 4〜5ヶ月の仕上げ期間が必要な極上レザー
  • ブライドルレザーをつくっているのは本場英国のタンナー

ブライドルレザー財布の使い始めは白いブルームがありますが、使い込むうちにブルームがなくなり気品ある光沢感が生まれます
ギャップのあるエイジングを楽しめるのも、ブライドルレザー財布が人気な理由の一つ。

またロウ磨きで革の繊維がギュッと締まっているので、丈夫で長持ちです。

ブライドルレザーは、長く付き合って革の経年変化を楽しめる“大人のレザー”ともいえますね。

①エイジングによって光沢感のある表情に変わる

ブライドルレザー財布のエイジングの様子引用:GANZO

ブライドルレザーの財布は使い込むほどに、上品な光沢感のある表情に経年変化するのが魅力の一つ。

使っていくうちに表面のロウが馴染んでいき、独特の深みのあるツヤを生み出します。

【ブライドルレザー財布のエイジング例】

使い始めはブルームで白い膜が貼ったようなテイスト。
次第に白いブルームが取れていき、高級感漂うエイジングを楽しめるんですね。

ブライドルレザーの財布なら、ビジネスシーンで活躍する男性にもマッチする重厚感と上品さのある大人の財布に育っていくはずです。

もともとロウが塗り込んであるので、メンテナンスの手間がかからないのもポイント。
定期的なブラッシングでロウが馴染んで、財布表面のツヤをキープできます。

手軽に本革のエイジングを味わえるので、革財布が初めてで手入れに不慣れな方にもオススメの皮革素材です。

②革の繊維が引き締まっていて丈夫で長持ち

ブライドルレザーは、ロウが塗り込まれていることで繊維がギュッと引き締まり通常の牛革よりも丈夫
破れたり形崩れしたりすることも少ないので、重厚感と気品ある風合いを長く堪能できます。

はじめにお伝えしたように、もともとブライドルレザーは馬具に使われていた皮革

荒っぽい環境でも耐久性のある素材なので、ちょっとやそっとでは革の耐久性に影響することはありません。

強くしなやかな皮革素材なので、尻ポケットに財布をいれる男性にもピッタリ。
使い込むほどに革財布の光沢感が生まれるので、しっかりブライドルレザーの財布を使ってあげられますよ。

スポンサーリンク

③4〜5ヶ月の仕上げ期間が必要な極上レザー

ブライドルレザーは仕上げるのに4〜5ヶ月の期間が必要引用:塩原レザー

ブライドルレザーは、仕上げるのに4〜5週間もかかる手間のいるレザーなんです。

伝統製法に徹底したこだわりのあるタンナー(製造会社)だと、1年以上かかることも。

ブライドルレザーは通常の牛革に仕上げて終わりではありません。
上記写真のように手作業で何度もロウを擦り込んでいるので、どうしても時間がかかってしまうんですね。

まさに熟練した職人技の結晶ともいえる極上レザー。

このように手間と時間を要する皮革なので、良質なブライドルレザーは耐久性が高いだけでなく革職人の並々ならぬ誇りを感じられます

④ブライドルレザーをつくっているのは本場英国のタンナー

ブライドルレザーの本場といえば英国。
高品質な本革ブランドで扱っているブルームのあるブライドルレザーは、イギリスのタンナー(製造会社)でつくられています

日本でも英国からブライドルレザーを取り寄せて、日本職人が財布を仕上げているんですね。

ブライドルレザー財布の素材をつくる代表的なタンナーがこちら。

  • セジュウィック社
  • J.ベイカー社
  • メトロポリタン社
  • トーマスウェア社
  • クレイトン社
  • グレードレザー社

最後の「グレードレザー社」を除くと、すべて100年以上続いている老舗タンナーです。
※グレードレザー社は20年前にできた新しいタンナーです。

ブライドルレザーは伝統製法で仕上げられる皮革なので、伝統製法を受け継ぐ老舗タンナーが中心となってつくっています。

革財布のエイジングはもちろんですが、ブライドルレザーの歴史的な製法の風合いや表情に浸ってみるのもどうでしょうか。
よりブライドルレザー財布をつかう楽しみが深まるはずです。

スポンサーリンク

使い始めはコレだけ!ブライドルレザー財布の手入れ方法

革財布についたホコリをブラシで落としている

ブライドルレザーは表面にロウが塗り込まれているので、使い始めの手入れはブラッシングだけで問題ありません

ブラッシングケアする際は、柔らかく程よいコシのある「馬毛ブラシ」が最適。
もしブラシを持っていなければ、柔らかい布で乾拭きでもOKです。

ブライドルレザーは油脂がたっぷり染み込んでいるので、“半年〜1年ほど”はオイルケア不要です。
※商品によってオイルケア開始までのスパンは異なります。

使い始めはロウが浮き上がってくるので、浮き上がったロウと財布についたゴミを払ってあげてください。

購入当初からクリームやワックスを塗ると、返ってブライドルレザーの艶感を損なってしまいます

【使い始めは防水スプレーNG】

ブライドルレザー財布を購入当初、ブルームが残っているなら防水スプレーは控えましょう

レザー用といえど防水スプレーを皮革に吹きかけると、一時的に財布表面が濡れてしまします。
ブルームが取れてしまい、せっかくのブライドルレザーの質感が台無しに…。

防水スプレーを吹きかけるのは、ブルームが完全に馴染みきってからにしましょう。

馴染んできたら革用クリームでメンテナンス

先ほどもお伝えしましたが、ブライドルレザー財布のオイル・クリームケアは半年〜1年ほど経ってから。
革が乾燥してカサつきが気になり始めたら、クリームやオイルで手入れしてあげましょう。

メンテナンスの手順と頻度がこちら。

  1. 馬毛ブラシでゴミやホコリを落とす
  2. クリームまたはオイルを塗り込む
  3. ベタつきがあれば乾拭きし、クリームを乾かす

【頻度】1ヶ月に1回程度

基本的には、たった3ステップの手入れ完了。
カンタンにできるので、革財布のお手入れが初めてでも特別なスキルは要りません

レザークリームやオイルに決まりはありませんが、ブライドルレザーの特性を引き立てるなら『ブライドルレザー用のクリーム』がおすすめ。
ブライドルレザーに塗り込んである「蜜蝋(みつろう)」が配合されているので、品質をキープしやすいです。

より詳しい革財布の手入れ方法は、下記ページを参考にしてください。

ブライドルレザーのブルームを復活させるのは難しい

ブライドルレザー財布を使っていくと、ブルームが次第に取れてきます。

「ロウの白い膜がかった質感が好き」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ブルームを復活させるのは難しいです。

そもそもブルームができるのは、ロウを塗っているからではありません。
皮革のなかに含まれる他の成分と一緒にロウが浮き上がってできるもの。

「ロウを表面に塗ればブルームができる」というわけではないんですね。

ブルームを復活させるのは難しいですが、ブライドルレザー財布の光沢感が生まれるエイジングを楽しんでみてください。

ブライドルレザー財布で、大人の気品と風格を実感

ブライドルレザーはロウが塗られた独特のテイストの本革。
使い始めはブルームで膜がかった質感ですが、財布を使い込むうちに趣のある光沢感が生まれてきます

何気なく手にしている財布でも、ブライドルレザーの財布なら重厚感と風格を今以上に引き立てられること間違いありません。

硬派な印象をあたえる財布の素材なので、

  • 落ち着いた大人おしゃれな革財布を求めている人
  • ビジネスシーンで上品さや品格を引き立てたい人
  • シンプルになりすぎない表情豊かな本革財布を手にしたい人

といった人にブライドルレザー財布はおすすめ。
特にビジネスマンなどの大人の男性は、一度手にして損のない本革財布のはずです。

本記事を参考に、長く付き合っていける革財布を選んでみてください。