革の財布が雨に濡れた?!簡単な対処法でシミ・水ぶくれは落とせる

革財布が水に濡れた時のシミ・シワの対処と手入れ方法革の手入れ・エイジング

今回は革財布が濡れてしまった方のために、本革の水シミ・水ぶくれの対処方法をご紹介します。

「本当に自宅でケアできるの?」と思われるでしょうが、実際に筆者の革財布を濡らしてシミ・水ぶくれをつくり解消してみました。

レザー財布の水濡れトラブルは“あえて革表面を濡らすこと”が大きなポイント。
用意するアイテムはレザークリーム程度で、簡単に誰でも水シミケアできます。

急な雨や水トラブルで大切な本革財布が濡れた方は、当記事を参考に元の美しいレザーの輝きを取り戻していきましょう。

スポンサーリンク

革財布の水ぶくれ・シミの対処手順

革財布の雨ジミ手入れ前と後のシミの変化

お気に入りの革財布が水に濡れた際の基本的な対処手順がこちら。

  1. 革表面の水分を拭き取る
  2. 濡れタオルでシミ周辺を濡らす
  3. 革財布を自然乾燥させる
  4. レザー用クリームを塗る

正しい対処法を施すことで、上記画像のように本革財布の水シミを落とせます。

多少の水ぶくれが発生してもレザークリームを塗り込むことで解消。
シミだけではなく、水ぶくれができた方も後述で紹介する手入れ方法を試して下さい。

①革表面を乾いたタオルで拭く

濡れた革財布を乾いたタオルで拭く

革財布が濡れた直後なら、手入れ前に乾いたタオルで余計な水分を拭き取りましょう。
拭き取る時は革表面を擦るのではなく、ポンポンと軽く叩いて染み抜きをするように拭いてください。

擦りつけて拭くと、皮革表面が傷む原因です。

②濡れタオルで革表面を拭く

革財布の水シミの周辺を濡れタオルで濡らす

水分を拭き取ったら、水に濡らして硬く絞ったタオルで叩くように水染み周辺を拭いてください。
「濡れたタオルで拭いていいの?」と思われるでしょうが、実際に革製品ブランドでもこの方法は紹介されています(※参考:HERZ)。

そもそも水染みは、革内部の水分バランスが崩れて濡れた部分の色が濃くなっている状態。
シミと同じくらいの色になるように軽く濡らすことで、シミが全体的に馴染んで目立たなくなるということです。

濡れタオルで拭く際は、皮革表面を濡らしすぎないようにしましょう。
“シミと同じ色になる程度”に濡らすのが好ましいです。

③革財布を自然乾燥させる

革財布のシミの周辺を濡らした後に乾かす色が濃くなった部分は乾くにつれて薄くなります。

シミ周辺を軽く濡らしたら、革財布を約1〜2時間ほど自然乾燥させます
革を乾かす時に注意すべきなのが以下の2つ。

  • 直射日光の当たる場所で乾かさない
  • ドライヤーやヒーターで温めない

直射日光に当てて乾かすと、皮革全体が乾燥しやすくなります。
シミ周辺とそうでない部分は水分バランスがまだ整っていないので、レザー全体を急激に乾燥させると色ムラができやすくなります

また皮革は熱に弱い素材。
ドライヤーなどで熱を加えると、革の形が変形して型崩れを起こしかねません。

革財布を乾燥させるなら、日陰で風通しの良いところが好ましいです。

④革用のクリームを塗りこむ

クロスに乳化性クリームをつけているところ

革の表面が乾いたら、最後にレザー用クリームまたはオイルを塗りましょう
(少々面倒でしょうが、本革財布ではこのクリームケアがかなり重要です。)

濡れた皮革を乾かした後は、革の中の水分が蒸発して乾燥状態になっています
人間も冬場は乾燥で手がカサカサになるように、本革も水分が不足するとひび割れを起こすんですね。

専用のクリームで革に栄養を与えることで乾燥を防ぎ、よりシミを馴染ませることができます

もし今手元に専用クリームがない方は「ニベアのハンドクリーム」で代用可能。
本革も動物の皮なので、人間同様にハンドクリームで潤いを与えることができます。

ニベアはレザークリームと似た油性成分が配合されていますが、専用クリームではないので使用前に少量でテストしてから使ってください。

今回、革財布の水シミ落としで使ったのが「Collonil1909」というレザークリーム。
天然オイルをブレンドしていて浸透力が高く、しっとりしたツヤのある仕上がりになるのが特徴です。

Collonil1909を持っておけば、栄養補給からツヤ出しまで対応できます。

コロニル1909 シュプリームクリーム 

商品の詳細・購入はこちら

スポンサーリンク

クリームケアだけでもシミは消える

レザークリームによるケアは、時間の経ったシミの除去にも効果を発揮します。
こちらはクリームを塗る前と塗った後の革表面の様子。

革財布の手入れによるシミの変化(左:クリームを塗る前、右:クリームを塗った後)

写真からもわかる通り、クリームを塗っただけでシミが消えているのがわかります。
また革表面もウェットで潤いのあるツヤ感が生まれ、キズなども消えました。

定期的に革財布も手入れすることで、光沢感と深みのある色合いに変化。
本革を自分らしく育てるためにも、レザークリームやオイルは欠かせない存在です。

コーヒーやお茶で濡れた時の手入れ

革財布にコーヒーをこぼした時の対処・手入れ方法

革財布にコーヒーやお茶をこぼした場合も、上述で紹介した同様の手入れ方法を行なってください。
基本的には「拭き取る⇒シミ周辺を濡らす⇒乾かしてクリームケア」で対処できます。

飲み物は雨などの水よりも濃いシミになりやすいので、革にこぼした際は素早く拭き取って手入れしましょう
シミ周辺を濡れタオルなどで濡らすことで、色素を分散し目立ちにくくできます。

シミが濃いので強く擦りたくなる気持ちもわかりますが、表面を傷つけるだけなので強く擦るのはやめてください。

スポンサーリンク

革の財布が濡れても焦る必要はない

革が雨にぬれても自宅で対処できる

雨や汗で本革の財布にシミが初めてできたときは、わたしもかなり焦りました。
しかし手入れ方法さえ覚えれば、水濡れでも簡単に対処できます

焦って革の表面をごしごし拭くと、かえってレザーを傷めるだけ。
まずは落ち着いて水分を拭き取り、今回紹介した手入れ方法でケアしてあげてください。

また最後に塗り込むレザークリームは、水に濡れた時以外にも革財布のエイジングケアに欠かせないアイテムです。
定期的に塗り込むことで油分が膜を張り、今後の水濡れを軽減できます。

ネット通販などで1,000円程度から購入できるので、この機会にチェックしてみてください。