革の手入れ・エイジング

革のケア用品

【レザークリームおすすめ8選】革財布の手入れで失敗しない選び方

当記事では、革財布などの手入れにおすすめのレザークリーム8選を紹介。「有機溶剤不使用」のやさしい商品を厳選したので、あなたの財布や小物を傷めません。実際に革磨きの現場で使われている商品なので、革本来の潤いや光沢感を取り戻せます。
革の手入れ・エイジング

革財布の色落ち《自分で修理する方法》クリームやマニキュアでココまで直る

今回は色落ちした革財布を自分で修理する方法を紹介。レザーマニキュアや色付きクリームなら、塗るだけで簡単に補色できます。革の色あせはもちろん、角の剥がれや擦り傷によるダメージも補修OK。修理店に持っていく前に一読ください。
革の手入れ・エイジング

ニベアで革財布を手入れしてみた。艶出しや保湿性を検証した結果…。

革財布の手入れに「ニベア」は使えるのか今回は検証してみました。結論、代用品としては使えますがデメリットもありました。革製品のケアにニベアクリームを使おうと考えている方は、手入れ前に一読ください。
革の手入れ・エイジング

コロンブス「ミンクオイル」正しい使い方。知らないと損する成分・効果とは?

コロンブス「ミンクオイル」の使い方を紹介。革財布に塗布した効果や、配合成分についても解説しています。ミンクオイルは塗りすぎるとシミ・カビの原因になるので注意が必要。正しい塗り方・頻度を知って革を手入れしていきましょう。
革のケア用品

革用防水スプレーおすすめ9選。レザー製品に防水スプレーはよくない?

当記事では革製品への防水スプレ−の必要性の解説と、おすすめレザー防水スプレーを紹介。スタンダードな防水商品から、スエード用まで厳選しました。撥水効果を写真でお伝えしつつ、防水ケアの順番や使用頻度まで解説します。
革の手入れ・エイジング

革財布を柔らかくする方法。ミンクオイルと乳化性クリームで柔軟性は違う?

革財布を柔らかくするなら「揉む」「ミンクオイル・クリーム」といったケアしかありません。お湯に浸したり熱を加えたりする方法もありますが、本革だと皮革が傷むだけ。正しいエイジングケアで手に馴染むレザーに仕上げていきましょう。
革のケア用品

【革財布のおすすめブラシ8選】使い分け方や手入れ効果はどう?

レザーブラシは革財布の手入れに欠かせない存在。そんなブラシには「馬毛」「豚毛」の2種類あります。当記事では革財布の手入れにおすすめのブラシを馬毛と豚毛で計8つ紹介。本革財布を長持ちさせるためにも、天然素材の高級ブラシにこだわってみませんか?
革の手入れ・エイジング

革の財布が雨に濡れた?!簡単な対処法でシミ・水ぶくれは落とせる

梅雨の時期や突然の雨、汗などで本革の財布が濡れると、シミやシワになることがあります。今回はそんな水シミを自宅で簡単に落とす対処方法をご紹介。レザーも動物の皮なので、濡れた後はクリームで栄養を与えてケアすれば綺麗に保てます。
革の手入れ・エイジング

革財布の《汚れの落とし方6選》手垢・手汗の黒ずみはコレで取れる!

今回は革財布の汚れ落としの方法をご紹介。手垢や皮脂、カード入れ、小銭入れ、シミなど汚れの種類別に手入れ方法をお伝えします。レザークリーナーや革用消しゴムを使うと革が傷みにくいですが、アルコールによる落とし方は注意が必要です。
革の手入れ・エイジング

【革財布お手入れガイド】1回5分のメンテナンスで長持ちさせる

今回は5分で簡単にできる革財布の手入れ方法を紹介。3ステップでOKなので、初めてでも手軽にできます。また写真付きの傷・シミの変化、メンテナンス頻度もお伝えします。正しいケアを知って、大切な本革財布を長持ちさせましょう。
革の手入れ・エイジング

【革財布の寿命は5年以上】買い替えのタイミングと長持ちのコツ

本革財布は丈夫なので、5〜10年と寿命が長いのが魅力。今回は革財布どれくらいもつ?という方のために寿命や買い替え時、ヨレや劣化を防いでレザーを長持ちさせるコツなどをお伝えします。正しくエイジングすれば、深みのある経年変化を楽しめますよ。
革の手入れ・エイジング

革財布の傷を今すぐ消す方法。キズができたら最低限やるべき対処

革財布に傷がつくと初めは焦りますが、多少の傷なら自分で目立たなくできます。今回はレザーについたキズを消す手入れや、深い傷の修復方法をご紹介。革の種類ごとの傷のつきやすさや防止のポイントを押さえて、本革財布と長く付き合っていきましょう。
スポンサーリンク