【大人の30代が選ぶ】メンズ革財布ブランドおすすめ10選

【大人の30代が選ぶ】メンズ革財布ブランドおすすめ10選年齢別おすすめ革財布

30代の男性にもなると「落ち着いた財布にしたい。でも品質にはこだわりたい。」と考える方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな革財布選びに迷っている男性のために、30代男性におすすめする職人仕立ての天然革財布のブランドをご紹介。

「ビジネスを引き立てる、日本製、海外製」と場合分けして、計10ブランド紹介していきます。

紹介するレザーブランドはどこも職人による本格派革財布なので、

  • ビジネスシーンでも存在感を見せたい
  • ハイブランドではなく“質”にこだわりたい
  • 30代男性へ財布のプレゼントを検討している

といった男性や、恋人へのプレゼントを検討している方は特に一読していただきたいです。

スポンサーリンク

【ビズネスで映える】30代男性のおすすめ革財布ブランド

まずはじめに、ビジネスシーンでも引き立つ革財布ブランドを3つ厳選紹介。
皮革選びへのこだわりはもちろん、鞣(なめ)しや染色などディティールに一切妥協のない革財布を作っているブランドばかりです。

プライベートやビジネス問わずスマートでおしゃれな財布が揃っているので、この3ブランドから目を通していきましょう。

①ココマイスター(COCOMEISTER)

【ココマイスター】バナー

価格帯24,000円〜95,000円
素材牛革、コードバン、オーク
創業2011年
特徴彫刻のような芸術性の高い革財布を手がける

ココマイスターは日本職人の技術と、英国的デザインが評価されているレザーブランド。
皮革の色合いや質感を活かした芸術性の高い財布が特徴的で、その芸術性の高さは英国のエドワード王子へココマイスターの製品がプレゼントされるほどです。

そんなココマイスターの財布は手染めによる特殊加工を施した「ピエトラレザー」や、ガラスで磨き上げた「シアギレザー」などで製造されています。

ココマイスター「ロッソピエトラ長財布」の内装の様子ロッソピエトラ長財布の内装

また素材だけでなく、財布の内装まで細かく革の発色や質感を表現
彫刻的な革の立体感を楽しめる、硬派でデザイン性の高い革財布に仕上がっています。

財布に細かなデザイン性を求める、おしゃれな30代の男性にはココマイスターが似合います。

②土屋鞄製造所

土屋鞄製造所のコードバン二つ折り財布

価格帯20,000円〜66,000円
素材コードバン、牛革
創業1965年
特徴透明感あふれる水染めコードバンが気品を引き立てる

ランドセル製造で有名な土屋鞄製造所。
長年作り続けてきた丈夫なランドセル作りの技術や知識を活かして、良質な本革財布を手がけているブランドです。

そんな土屋鞄製造所は“革のダイヤモンド”と比喩されるコードバン(馬革)を使用したレザーウォレットを多数手がけています。(上記画像がコードバン財布です。)
ただでさえ光沢感が美しいコードバンを土屋鞄製造所では、表面に顔料を使用せずに長い時間をかけて染め上げる「水染め」で仕上げています。

水染めによって透明感の溢れる美しい光沢感を纏い、30代の大人の品格を引き立ててくれます。

土屋鞄製造所のコードバン二つ折り財布コードバン二つ折り財布の内装

内装にはしなやかなヌメ革(牛革)を採用しているので、ハリのあるコードバンとは違った質感を楽しめます。

30代ならでは落ち着いた気品を魅せたい男性には、土屋鞄製造所のコードバン財布がおすすめです。

商品の詳細・購入はこちら

※キャッシュレス支払いで5%還元中

③ガンゾ(GANZO)

ガンゾの長財布ライン

価格帯24,000円〜97,000円
素材コードバン、牛革、ブライドル
創業1917年
特徴日本磨きで本革の存在感と美しさが際立つ最高級ラインを揃えている

ガンゾは「持ち主が使い込むことで完成する革財布」をコンセプトにした老舗革財布ブランド。
素材選びからなめし、縫製、磨きまで一つ一つ妥協のない工程で仕立てられた、本物を追求した最高級ラインを揃えています。

ガンゾの財布は国産コードバンを財布の両面に使用した「コードバンルチダ」や、染料のみで仕上げて透明感を引き立てた「牛革ラウンドファスナー」などレザーの質感を活かしたものが特徴的。
エイジングによる変化を引き立てるためにデザインはシンプルで、30代男性でも使い勝手がいいです。

ガンゾのコードバンルチダ長財布の様子(コードバンルチダ コンパクト長財布)

ガンゾは革財布マニアからも人気が高く、シリーズによっては品薄状態が続いています
(わたしも「ミネラルバナチュラルL字ファスナー財布」が欲しいのですが、長らく品切れ状態です…。)
革財布の質感やディティールにこだわるなら、一つは手にしておきたい本革ブランドです。

【日本製】職人技が魅せる30代向け本革ブランド

続いて30代男性に選ばれている、日本製の革財布ブランドを5つ紹介します。
日本の伝統技術が注目される「メイドインジャパン」にこだわる方は、こちらも併せてチェックしてください。

①ユハク(YUHAKU)

ユハクの長財布

価格帯34,000円〜80,000円
素材牛革
創業2009年
特徴絵画的なグラデーション深い染色を施されている

染色を基調に、革財布の色にこだわっているのが「ユハク」。
独自の染色技術をもち、透明感がありながらも革本来の風合いを活かした色に仕上げた財布を揃えています。

染色にこだわっているとはいえ“カラフル”という訳ではなく、30代の男性が手にしても違和感のない絵画的なテイストです。
職人が一つ一つ手染めした深みのあるシックな色合いなので、カジュアルながら引き締まった印象を与えられます。

落ち着いた革財布の中に個性を出したい男性におすすめのブランドです。

⁂まるで“芸術作品”のような革財布⁂

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
リペア・染め直しOKだから長く使えます。

②キプリス(CYPRIS)

キプリスの長財布

価格帯16,000円〜52,000円
素材コードバン、牛革
創業1995年
特徴多種多様な革素材の財布を展開し皮革の変化を楽しめる

キプリスは厳選された革素材を使い、高いクラフトマンシップによって生まれる本質的価値のあるものづくりを重ねるブランド。
製品の70〜90%以上が職人によるハンドメイドで、機械で再現できない人の手によって革財布を仕立てています。

キプリスのレザー財布は皮革の種類ごとにシリーズ化されており、財布によって肌触りや硬さ、光沢感がまるで異なります。
またハニーセル型と呼ばれるカード入れが特徴的で、機能美の溢れる財布から細やかな個性を演出できます。

キプリスのハニーセル型の長財布ハニーセル型のカード入れ

30代という大人の節目に、半世紀に及ぶ経験をもつ職人が手がける次世代の伝統革財布の魅力を味わってみてください。

≫高い職人技術で、百貨店の賞を10年連続受賞≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料でお届け。
キャッシュレスで5%還元中

③ポーター(PORTER)

ポーターの店舗イメージ

価格帯10,000円〜49,000円
素材牛革、ブライドルレザー、コードバン
創業1962年
特徴日本職人による細かな機能性が眼に映るブランド

「吉田カバン」の自社ブランドのポーターは、機能的な革財布から30代男性のコアなファンを獲得。
スーツの内ポケットに収納できるサイズ感、BOX型の小銭入れなど使い勝手の良さが定評です。

また製法にもこだわっており、

  • 紙幣が引っかかりにくいマチ
  • 財布への負担を減らす特殊縫製

などの技術を用いて、日常的に使う財布の使いやすさを追求しています。

皮革に関してもキメの細かいカーフレザーや、上品な光沢感のあるコードバンなどを採用。
機能性だけでなく財布の形状に合った原革を選んでいるので、本革財布としての完成度も高いです。

商品の詳細・購入はこちら

④アニアリ(aniary)

アニアリの二つ折り革財布

価格帯20,600円〜36,000円
素材牛革
創業
特徴モダンなデザインで、波のような型押しの革財布が印象的

アニアリは“シックでモダン”な革財布が特徴的。
染色や皮革の加工に力を入れており、おしゃれで多様なデザインの天然革財布を扱っています。

特に上記写真のような「波をイメージした型」を施した財布が印象的で、スマートながらも品のある光沢感を纏っています。
もちろん素材はしなやかな牛革なので、革本来の質感も味わえる逸品。

デザイン性だけでなく、紙幣入れにポケットを儲けるなど画期的な機能性のある革財布も作り続けています。

スーツなどのフォーマルな服装には、アニアリの革財布が似合うはずです。

≫6色以上のバリエーションで自分スタイルを選べる≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
人気カラーによっては数に限りがあります。

⑤Alt81(オルトハチジュウイチ)

alt81の長財布

価格帯25,000円〜35,000円
素材牛革、水牛革
創業
特徴余計なものを削ぎ落としたシンプルな財布で、革本来の存在感が漂う

「日本の考え方を形にする」をコンセプトにしたAlt81。
余計な物を削ぎ落とし細かいところにこだわる、という日本的で控えめな侘しさを連想する革財布を製造しています。

このようなコンセプトからAlt81の革財布は、正直そこまで目立ちません。
しかし“わかる人にはわかる”本質的なこだわりを随所に散りばめ、皮革のなめしや染色など使い込むごとに革の味が出ます。

革表面は余計な加工を施していないが故の無骨さを感じますが、経年変化によって男らしい硬派な艶が生まれます

レザー本来のワイルドな財布を求める30代の男性は、Alt81の財布がおすすめです。

商品の詳細・購入はこちら

【海外製】エレガントな30代向け本革ブランド

最後に革財布の注目海外ブランドを2つご紹介。
日本ブランドにはない、英国的製法やデザインが特徴的です。

英国のエラガンスさ漂う本革財布に興味がある30代男性は、海外ブランドも視野に入れてみましょう。

①グレンロイヤル(GLENROYAL)

グレンロイヤルのバナー

価格帯311,000円〜89,000円
素材ブライドルレザー
創業1979年
特徴ブライドルレザーを基調とした独特の加工を施している

グレンロイヤルは、蝋を染み込ませたブライドルレザーを基調としたブランド。
スコットランドを拠点としており、自然に恵まれた地で英国らしい物作りのを続けています。

スコットランドの現地職人によるハンドメイドで、メインどインジャパンでは味わい得ない英国の伝統製法が特徴です。

グレンロイヤルでは成牛の皮を植物性の成分で時間をかけてなめしているので、皮革本来の質感と経年変化で自分なりの皮財布育てられます。

帝国ならではの天然革らしい表情を味わえるので、革製品を好まれる30代男性でも十分革の質感を堪能できるはずです。

商品の詳細・購入はこちら

②ホワイトハウスコック(WhiteHouse Cox)

ホワイトハウスコックの革財布のイメージ

価格帯322,000円〜60,000円
素材ブライドルレザー
創業1875年
特徴10週間もの長い期間と手間をかけた天然皮革を使用

ホワイトハウスコックは、実に100年以上も革製品を作り続けています。
耐久性の高いイングリッシュブライドルレザーが特徴で、約10週間も自然の草木で丁寧になめしています

デザインはシンプルですが、内装などの細かな部分にまで贅沢に皮革を使用。
日本製にはない無骨さがありながらも、本革の気品高い風合いで30代の男性にも飽きのこない財布です。

本革のエイジングを楽しみやすい質感の財布が揃っているので、本物志向で素材にうるさい男性にはぴったりのブランドです。

商品の詳細・購入はこちら

天然本革の財布で“こだわる30代”へ

30代の男性ともなるとギラギラしたハイブランドの有名財布よりも、流行に流されない落ち着いた財布を選びたい方が多いのではないでしょうか。

今回紹介したように日本職人が手がける革ブランドも、独自の製法や染色方法で財布を仕立てています。
シックでシンプルな財布ですが、きちんと革本来の質感と存在感を見せられるはずです。

物の本質にこだわり、長く愛用できる財布を手にするのも大人のたしなみの一つ。
当記事を参考に、みなさんの手に馴染む革財布を選んでみてください。

▼革財布の経年変化を楽しむためには、定期的な手入れが重要。
下記では「自宅で5分で出来る革財布の手入れ方法」を紹介しているので、お気に入りの革財布を手にした際はチェックしておきましょう。

【簡単5分】革財布の手入れ方法。傷やシミの変化、メンテナンス頻度まで解説
5分で簡単にできる革財布の手入れ方法を紹介。傷・シミがどのくらい直るのか、写真付きで解説しています。ケア頻度もお伝えするので、革財布を長持ちさるためにメンテナンスしたい方は参考にしてください。