20代なら知っておきたいメンズ革財布ブランド15選。プレゼントでも人気の職人作り

20代男性におすすめの革財布ブランド15選年齢別おすすめ革財布

「リーズナブルだけど品質にはこだわりたい」
「20代男性へ財布のプレゼントを考えている」

このような方のために、今回は20代男性におすすめの本革財布ブランド15選を紹介。

20代は学生から社会人へとステップアップする節目。
大人の落ち着きある財布を手にしたい、と考える方も多いのではないでしょうか。

当記事ではコスパ重視の男性や、男性へのプレゼントを考える女性のために、

  • 安くて手に入れやすいブランド
  • プレゼント向きのブランド
  • 素材・製法にこだわるブランド

といった3項目で革財布のメンズブランドを紹介していきます。

また今回紹介するブランドは全て「日本職人による製造」。人の手によって作られた本格派の革財布を選べます。

PR
cocomeister公式サイト

【社会人必見】20代後半なら手にしたいメンズ革財布3選

はじめに20代後半からの社会人男性に特におすすめしたい、本革ブランドのメンズ財布を3つ厳選紹介。
職人が作っている日本製の革財布なので、会計時の振る舞いをグッと引き締めてくれます。

「あの人が使っている財布、何だかかっこいいな」という大人の男性への憧れを叶えてくれる、そんなメンズ財布が揃っていますよ。

①ガンゾ(GANZO)

ガンゾのコードバン長財布

価格帯24,000円〜97,000円
素材コードバン、牛革、ブライドル
創業1917年
特徴最高級の革財布を揃えており、本革の存在感と上品な佇まいを楽しめる

ガンゾは本物を追求した最高級ラインを揃える本革ブランド。
革の存在感溢れる財布を仕立てており、上品でリッチな佇まいからビジネンスシーンで彼を印象付けられます

特にガンゾ財布は牛革・馬革など様々なレザーを使用していますが、

  • 上品な光沢感をまとっていて手に取りたくなる美しさ
  • シンプルながら革の表情が豊かで飽きがこない
  • 経年変化が顕著で持つ人だけの質感に仕上がる

といったような特徴があり、素人目にも上質な財布だと感じることができます。

高級レザーを採用しているので余計な加工が必要なく、革本来の風合いを楽しめるので持つ人の個性をエイジングを通じて感じられるのも楽しみの一つ。
5年ほどラフに使うだけでも以下のように色合いに深みが増して、大人っぽい落ち着いた雰囲気に変化するんですね。

ガンゾの財布の経年変化の様子引用:GANZO

創業から100年を超える歴史の中で培った技術と知恵を存分に注いだ財布を、ちょっぴり贅沢な贈り物として選んでみてください。

②土屋鞄製造所

土屋鞄製造所のコードバン二つ折り財布

価格帯20,000円〜50,000円
素材コードバン、牛革
創業1965年
特徴透明感あふれるコードバン財布が人気でスーツ姿に似合う

スーツ姿に似合うスタンダードで上級な財布を手がけているのが土屋鞄製造所。
二つ折り財布などは必要最小限のつくりで、ポケットにも納めやすくスマートに愛用できます。

そんな土屋鞄製造所の革財布のポイントが以下の3つ。

  • 透明感が際立つコードバン財布が人気
  • 外装と内装で異なるレザーを使用
  • 自社工房で一つ一つハンドメイド

土屋鞄製造所で人気なのが「コードバン財布」。
馬の希少部位のレザーで、その光沢感のある美しさから“革のダイヤモンド”と称されています。

土屋鞄製造所のコードバン二つ折り財布

そんなコードバンを土屋鞄製造所では、透明感が溢れる成分をじっくり時間をかけて革内部に浸透させ加工。
宝石を磨いたような吸い寄せられる美しさと上品さがあり、革好きを唸らす一級品です。

少し大人っぽすぎる印象かもしれませんが、ナチュラルリッチな本革の表情と相まって20代の男性の手にもしっかり馴染みます。

商品の詳細・購入はこちら

※キャッシュレス支払いで5%還元中

③ココマイスター(COCOMEISTER)

ココマイスターの長財布

価格帯24,000円〜95,000円
素材牛革、コードバン、オーク
創業2011年
特徴特徴的な革の素材を採用し、芸術性の高い財布を手がける

日本職人の技と英国的なレザーを融合させた財布が特徴の「ココマイスター」。
一見海外ブランドのような雰囲気ですが、メイドインジャパンの財布を手がけています。

ココマイスターの革財布はクラシカルな風合いと感性を揺さぶる芸術性から、宮内庁勤務の方や大臣といった格式ある方々からも愛用されています

そんなココマイスターは素材は、次のような他ブランドでは豊富で希少な皮革を使用。

  • オイルをたっぷり含ませたシェルコードバン
  • 丁寧に手染め加工を施したピエトラレザー
  • 樹木の成分で1年の歳月をかけて仕上げるオークバーク

公式サイトでは詳しく素材の説明が記載されているので、知識がない方でも素材の良さを知ったうえで選べます。

また財布のデザインは「建築物がモチーフ」「25年熟成のウィスキーをイメージ」といったように一つ一つコンセプトを明示。
“作品”とも位置付けられる美しい仕上がりです。

【日本製ブランド】20代メンズにおすすめの革財布9選

次に20代ならチェックしておきたい、日本製ブランドのメンズ革財布を紹介します。

素材や製法にこだわって、周りから一歩リードした財布を選んでみてはどうでしょうか。

①キプリス(CYPRIS)

キプリスのシラサギレザー財布

価格帯12,000円〜28,080円
素材コードバン、牛革
創業1995年
特徴牛革・コードバンから漆染料のレザーまで、様々な皮革をつかった財布を揃える

キプリスは「本質的価値がある、一生愛せるものづくり」を理念にした日本ブランド。
工房では50年近いキャリアを持つ職人が、ベーシックでエレガンスな革財布を仕立てています。

伝統的な技法を取り入れており、“縫い目(ステッチ)部分を隠す”など細かくこだわった製品づくりが特徴です。

またキプリスでは、

  • 漆で染めたグラデーション豊かなレザー
  • 国産黒毛和牛を漆染色した日本古来のレザー
  • オイルをぎゅっとたっぷり染み込ませたレザー
  • アンティーク仕上げのレザー
  • 光沢感の美しいコードバン(馬革)

などなど様々な製法の本革財布を揃えています。

「素材の質感にこだわりたい」という本物志向の20代男性にはまさにぴったりのブランド。
シンプルなデザインながらも素材の風合いが溢れ、ビジネスシーンでも映えます。

≫高い職人技術で、百貨店の賞を10年連続受賞≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料でお届け。
無料ラッピング対応可能。

②アヤメアンティーコ(AYAME ANTICO)

おすすめの2万円台革財布「アヤメ」

価格帯26,000円〜46,000円
素材牛革
創業
特徴固形オイルを加えることで、オイルが抜けにくくしっとりした革に仕上がっている

アヤメアンティーコの革財布は、イタリア産の上質なレザーを使用。

一般的はレザーは加工の際に液体のオイルを染み込ませます。
しかし伝統的なイタリアレザーは固形オイルを時間をかけて加えているので、オイルが抜けにくくしっとりした手触りが特徴です。

またアヤメアンティーコの財布は、表版と内装を同じ革にする「無双」を施しています。
表裏同じ革をつかっているにも関わらず、表と内側で違った経年変化を楽しめるのが魅力の一つ。

無料ギフト包装を行なっているので、20代の男性にプレゼントを考える方にもおすすめのブランドです。

アンティークな風合いを好むあなたに≪

商品の詳細・購入はこちら

※15,000円以上で送料無料。
公式サイトから修理相談できます。

③アニアリ(aniary)

おすすめの2万円台革財布「アニアリ」

価格帯19,440円〜36,000円
素材牛革
創業
特徴モダンなデザインながらも、独特の製法で革の質感を表現している

「革財布でもお洒落さを出したい」という20代男性にはアニアリの革財布がおすすめ。
アニアリはシックでモダンな革財布が特徴のブランドです。

お洒落な外観だけでなく、素材は柔らかく頑丈になる成分を染み込ませた牛革などを使用しています。

また上記画像のように「波をイメージした型」を施した財布も展開しており、海面に光が当たったような独特の光沢感を表現。
武骨な本革とうってかわり、洗礼されたレザーウォレットです。

このようなデザインに加えてスーツやジャケットに収納しやすい薄さを考えた財布も製造しており、服の型崩れが気にならずスマートに持ち運べます。

≫女子ウケ抜群の洗礼されたデザイン≪

商品の詳細・購入はこちら

※5,000円以上で送料無料。
キャッシュレス支払いで5%還元中。

④ユハク(yuhaku)

ユハクの二つ折り財布

価格帯34,000円〜80,000円
素材牛革
創業2009年
特徴絵画的なグラデーションのかかった深い染色を施されている

ユハクは染色にこだわったブランドで、グラデーションのかかった色合いは唯一無二。
内装もきちんと手染めされた贅沢なつくりで、芸術性の高い個性的な財布です。

染色で色付けされているとはいえ、シワや血筋など革本来のムラも感じられます。
革とアートのハイブリットな財布で、革と染色の変化を同時に楽しめる製品。

まさに「水彩絵の具」で描いたようなアート的な革財布で、個性を出したい男性にはおすすめです。

≫人気シリーズは数が少なくなっています≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
リペア・染め直しOKだから長く使えます。

⑤万双

万双の双鞣和地の財布

価格帯13,800円〜39,000円
素材牛革、コードバン
創業1995年
特徴縫製やコバ磨きなど細かくこだわり、独自の「双鞣和地」を使用した財布も展開

万双の財布は一見シンプルですが、以下のように細かな製法にこだわり抜いた隠れた魅力があります。

  • 革の組織を傷つけずに丈夫に仕上げる縫製
  • 革の断面(コバ)を手作業で磨く
  • 革表面を職人が納得いくまで何十回と磨く

縫製や財布側面の断面部分などは、普通の方はそこまで気にしないでしょう。
こういった職人の小さなこだわりが凝縮されているのが万双の財布の最大の魅力です。

また万双では独自レザー「双鞣和地(そうなめしわじ)」を使用した財布も展開。
双鞣和地は植物性成分で二度にわたり加工されたレザーです。

通常は植物性成分で一度だけ加工しますが、双鞣和地は二度行なっているので硬派でありながらしなやかな表情を醸し出しています。

双鞣和地のサイフが手に入るのは万双だけ。
素材に徹底したこだわりをもつ20代男性の方は、一度万双の財布を手に取ってみてください。

商品の詳細・購入はこちら

⑥大峡製鞄(おおばせいほう)

大峡製鞄のコードバン長財布

価格帯17,280円〜73,440円
素材牛革、コードバン
創業1935年
特徴1000年の歴史を持つ製法によるオリジナルレザーを採用

大峡製鞄は「経済産業大臣賞」「東京都知事賞」など数多くの名誉ある賞を受賞
最高級素材の革だけを使用・手縫いをはじめとする職人技、といった品質と職人技にこだわりを持ったブランドです。

そんな大峡製鞄の財布は、イタリアで1000年の歴史を持つ“バケッタ製法”と呼ばれる製法を採用。

バケッタ製法は薬品加工と染め上げを手作業で行う製法です。
イタリア地域を流れる川の独特の成分によって、絶妙なツヤを表現しています。

大峡製鞄ではバケッタ製法をおこなう製造会社とオリジナルレザーを共同開発しました。
アンティークな風合い漂う財布に仕上がっているので、20代からスーツ姿を一層引き締めてくれます。

商品の詳細・購入はこちら

⑦Alt81(オルトハチジュウイチ)

alt81の長財布

価格帯25,000円〜35,000円
素材牛革、水牛革
創業
特徴余計なものを削ぎ落としたシンプルな財布で、革本来の存在感が漂う

Alt81は「いい仕事をする人には、いい仕事をした物を持ってほしい」をコセンプトにしています。
お客様の自信につながる製品づくりをモットーにしているので、社会人として成長し続ける20代の男性にぴったりの価値観。

余計なものを削ぎ落として細かなところにこだわった革財布が特徴で、控えめな佇まいから職人の熟練した技術が垣間見れます。
まさに“わかる人だけがわかる本革財布”といったところ。

そしてAlt81の革財布は「奥行きを感じるルガトショルダー」「肉厚で丈夫なシールドショルダーレザー」といった様々なタイプの牛革を採用しています。
同じ牛革でもいろいろな質感や光沢感、エイジングを楽しめます。

余計な施しのない渋めの革財布を求める20代の男性は要チェックです。

商品の詳細・購入はこちら

⑧ヘルツ(HERZ)

ヘルツのオルガン「ミニ財布」

価格帯9,072円〜28,080円
素材牛革
創業1973年
特徴注文後に職人が製作。余計な加工をカットし経年変化を顕著に楽しめる

ヘルツでは、注文後に革財布を一つ一つ職人が手作業で作り上げます
ハンドメイドという量産の効かないスタイルにも関わらずヘルツの本革財布は1万円台も多く、20代メンズでも手の出しやすいブランドです。

その時々の注文に合わせて職人が素材を選定するので、一つ一つ色ムラやシワのつき方が異なります。
まさにみなさんだけに仕立てられた本革財布です。

またヘルツの皮革は余計な加工を施していないので、革の経年変化が顕著に表れるの特徴。
本来は革に裏地をつけて裏面を覆い隠しますが、ヘルツの革財布は1枚革をそのまま使用しているので細かな部分で革の風合いを感じられます。

少々武骨なデザインではありますが、本革のエイジングを楽しみたい20代男性は今のうちから手にしておいきたい製品です。

商品の詳細・購入はこちら

⑨フライングホース(FLYING HORSE)

フライングホースのメンズ二つ折り財布

価格帯22,000円
素材コードバン(馬革)、牛革
創業1989年
特徴国内産コードバンを贅沢に使い、コスパの高い財布を手がけている

フライングホースは「革のダイヤモンド」と呼ばれるコードバン(馬革)を主に使用。
コードバンは上品な光沢感が特徴で、その輝きは他レザーでは表現できません。

手入れをせずとも艶やかさが溢れているので、持つだけでエレガンスな雰囲気を醸し出せます。

そんなフライングホースの財布は、二つ折りなら2万円前半
日本製で希少性の高いコードバンを使用しているにも関わらずリーズナブルなので、最高峰レザーの財布を手軽にプレゼントできます。

レザーファンなら誰もが憧れるコードバンなので、革好きの男性ならきっと喜ぶはずです。

⁂「ブランド物より質がいい」という口コミも⁂フライングホース公式ショップバナー

商品の詳細・購入はこちら

※名入れ無料。
送料無料。

【注目・定番ブランド】プレゼントでも人気のメンズ革財布

20代男性に財布のプレゼントを考えている女性や、定番ブランドの革財布を押さえておきたい方は、後述する3つのレザーブランドを最後にチェックしてみてください。

①ジョッゴ(JOGGO)

JOGGOの革財布は1万円台からオーダーメイドできる

価格帯4,900円〜14,800円
素材牛革
創業2009年
特徴8種類の形状・14色のカラーから革財布をカスタマイズできる

恋人だけに革財布をオーダーメイドするなら「ジョッゴ」というブランドがおすすめ。
財布の形状や色などを細かくカスタマイズでき、世界に一つだけの革財布を作れます。

お互い色を選びあってペアで持つのもいいですね。

以下のようなカスタム・サービスを用意しているので、プレゼントにはうってつけです。

  • 8種類(長財布・二つ折り)の形状を選べる
  • カラーバリエーションは14色
  • 名入れ刻印(無料)
  • オリジナルギフトラッピング(300円)
  • メッセージカード(100円)

joggoの財布をオーダーメイドする画面

引用:JOGGO

価格も長財布や二つ折り問わず1万円台とリーズナブルで、手軽にオーダーメイドできます。

素材には丈夫で滑らかな天然の牛革を採用。
オリジナルにカスタムできるだけでなく、プレミアムレザーの質感も十分に堪能してみてください。

②ポーター(PORTER)

おすすめの2万円台革財布「ポーター」

価格帯10,000円〜30,000円
素材牛革、ブライドルレザー、コードバン
創業1962年
特徴日本職人による細かな機能性が目を惹くブランド

高い機能性から、多くのビジネスマンに選ばれているブランドが「ポーター」。
まさに“仕事の中で使う”を意識されたデザインの財布が多く、それでいてリーズナブルな価格設定なので仕事用・プライベート用と使い分けることもできます。

例えば以下のような機能性をポーターの革財布には施されています。

  • 紙幣の引っかかり防止のために角を外側に縫製
  • 大きく開く小勢に入れボックス
  • 札とレシートを分けられる札入れ部分のポケット

またこのような機能性だけでなく「ふっくら自然の風合いになる四方揉みの牛革」「透明感を表現できる水染めコードバン」といった一手間加えた素材を使用しています。

機能性や使いやすさ重視の男性には、ポーターの革財布がおすすめです。

商品の詳細・購入はこちら

③イルビゾンテ(IL BISONTE)

【イルビゾンテ財布の口コミまとめ】使いにくいって評価は本当?

価格帯17,280円〜29,160円
素材牛革
創業1970年
特徴独自の天然レザーを採用し、一つ一つ風合いの異なる本革財布を手がける

リーズナブルな価格設定と、天然本革を贅沢につかった財布が高い人気を誇る「イルビゾンテ」。
独自の天然レザーを採用しており、革の変化を年を重ねるごとに実感できます。

イルビゾンテの革財布は、

  • 丈夫ながらキメ細かな牛革が素材
  • 様々なタイプの二つ折り・長財布を展開
  • 色が10種類以上と豊富

といった素材や形状・配色から、自分に合った革財布を選べます。

イルビゾンテの財布のほぼ全ては、丈夫でキメ細かさが特徴の牛革。
天然の牛革なので一つ一つ風合いや色味が異なり、自分だけの革の表情に育てられるの魅力です。

また財布の形状やカラーバリエーションも豊富なので、個性を出していきたい20代男性でも選びごたえがあります。

上質な革財布で本物志向の社会人へ

20代後半から落ち着いた年齢になってきても、今回紹介した革財布は男性にマッチします。
ハイブランドの財布もいいですが、一つくらい素材にこだわった職人技の革財布を持っておくのも悪くはないでしょう。

愛用し続けて経年変化が表れれば、“物にこだわり大事にする人”という印象も生まれます。

社会人へとステップアップする20代。
自分へのご褒美にも恋人へのプレゼンにも、当記事を参考にその手に馴染む革財布を選んでみてください。