【メンズ二つ折り財布】本革ブランド10選。日本製や職人仕上げだけを特集

【メンズ二つ折り財布】本革ブランド8選。日本製や職人仕上げだけを特集二つ折り財布

このページでは、“日本製&職人仕立て”のメンズ二つ折り財布を計10ヶご紹介。

日本製ということもあり上質で繊細な仕上がりで、30代〜40代のビジネスシーンで活躍する男性に手にとってほしいブランドを集めました。

二つ折り財布は無駄が省かれたデザインで、ジャケットの内ポケットにも収納しやすいのが特徴です。
実際ファーストクラスのVIP乗客にも、二つ折り財布を愛用するビジネスエリートが多いとのこと。
(参考:PRESIDENT Online「なぜ超一流ほど“二つ折り財布”を選ぶのか」)

当ページを参考に、プライベートやビジネスシーンを引き立ててくれる革財布に出会ってみてください。

スポンサーリンク

《人気の日本製》メンズ二つ折り革財布のおすすめ6選

今回は“ハイブランドサイフ”ではなく、日本製で職人が手がけている二つ折り革財布を紹介していきます。

表情豊かな本革を、日本独特の飾りすぎず趣のある財布に製作。
味わい深く気品のあるブランドばかりなので、日常・ビジネスシーン問わず愛用できます。

①ガンゾ(GANZO)

ガンゾの長財布ライン

日本職人による最高級のメンズ革財布を製作する「GANZO(ガンゾ)」。
“革のダイヤモンド”と称されるコードバン(馬革)などを中心とした二つ折り本革財布を揃えています。

そんなガンゾの革財布の中でも注目されているのが「コードバンルチダ」というライン。

国産コードバンを両面に贅沢につかい、表面・内面ともに艶と透明感が美しく仕上がっています。
革は色ムラができにくく透明感が出やすい水染めを施し、オイルフィニッシュされた二つ折り財布です。

「コードバンルチダ」
ガンゾ(コードバンルチダ) 二つ折り財布【価格:70,200円】

「シンブライドル(小銭入れ付き)」
ガンゾ (シンブライドル) 小銭入れ付き二つ折り財布【価格:39,960円】

また「シンブライドル」という二つ折りもおすすめ。

馬革のブライドルレザーを表版につかい、内装にオイルを豊富に含んだショルダーヌメを合わせたハイブリットウォレットです。
表面はタフで、内側はしっとりと柔軟。存在感がありながらも手に馴染みやすいシリーズです。

素材や製法といった本質にこだわって二つ折り革財布を選びたい男性は、ガンゾの最高級ラインに触れてみてください。

GNAZOのメンズ革財布の口コミ

②ココマイスター(COCOMEISTER)

ココマイスターの二つ折り革財布

「ココマイスター」は日本の職人技術とイギリス等のレザー文化を取り入れたブランドで、英国的な二つ折り財布を好む方におすすめ。
日本職人ならではの芸術性の高い革製品が評価され、英国の“第2代ケント公爵エドワード王子”へココマイスターの製品が送られました

そんなココマイスターでも、透明感のある水染コードバンは二つ折り財布の代表的なレザー。

内装はイタリアの伝統製法の極上オイルレザーをつかっており、光沢感のあるコードバンと違い独特のシワ感がコントラストになっています。
滑らかな質感に惹きつけられ、経年変化を日々感じられる仕上がりです。

「マイスターコードバンラスティング」
ココマイスターのコードバン二つ折り財布【価格:48,000円】

「ロッソピエトラ」
ココマイスター ヌメ革二つ折り【価格:36,600円】

動物性の原皮を好むのであれば「ロッソピエトラ」という二つ折り財布をチェック。
ピエトラレザーというイタリア最高級ヌメ革を使用し、硬派で彫刻作品のような芸術性があります

このようにディティールに深い情熱を注ぐココマイスターなら、表現力と存在感のある逸品に出会えます。

COCOMEISTERメンズ革財布の口コミ

③土屋鞄製造所

土屋鞄製造所の二つ折り財布のイメージ

土屋鞄製造所」は1965年にランドセル作りから始まった老舗ブランド。

6年間使い続けられる頑丈なランドセル作りのノウハウを応用し、一つ一つ丁寧に良質で長く使える二つ折り財布を自社工房で製造しています。

土屋鞄製造所の二つ折り財布でおすすめなのが「コードバン二折財布」です。

スマートでスタンダードな二つ折りですが、タンニン100%で1ヶ月なめした(加工した)コードバンを使用。
その革の表裏を削り極めて精細な層を残して磨き上げ、水染めで長い時間をかけて仕上げられているので一目惚れするほど艶が引き立っています。

「コードバン二折財布」
土屋鞄製造所のコードバン 二折財布【価格:42,000円】

「ディアリオ クラッチパース」
土屋鞄製造所のディアリオ クラッチパース【価格:23,000円】

また土屋鞄製造所では「ディアリオ クラッチパース」という変わり種な二つ折りも展開。

二つ折り革財布のサイズ感ながらも長財布並みの収納力を誇り、機能性とスタイル性に優れた商品です。
原皮にはオイルを塗り重ねた“オイルメロウレザー(雄成牛)”を使用し、牛革ならではの表情豊かで深みのある経年変化を楽しめます。

創業50年以上の高い技術で製造された丈夫な二つ折り財布を求める方には、土屋鞄製造所の二つ折り本革財布がおすすめです。

土屋鞄製造所の革財布の口コミ

商品の詳細・購入はこちら

※キャッシュレス支払いで5%還元中

④ポーター(PORTER)

ポーターの店舗イメージ

吉田カバンの自社ブランとして展開している「ポーター」。
メンズ革ブランドの中でも高い機能性のある財布を製造し、長年男性から人気を獲得しています。

コンパクトな二つ折り財布にも関わらず、ポーターにはカード入れが二段になっている製品など特徴的なものが多数あります。
クレジット類などを多く持ち歩く男性でも、スッキリと財布に納めて持ち運べるんですね。

 

ポーター二つ折り財布の多機能なカード入れ【カード入れが二段の仕様】

ポーター二つ折り財布の小銭入れの部分【仕切りがあり小銭管理しやすい】

また小銭入れ部分に仕切りがついていたりと、お金の管理もしやすい仕様となっています。

多機能で使い勝手がいいにも関わらず、ポーターの二つ折り革財布は1万円台〜4万円台と比較的リーズナブル。
見た目もシックで落ち着いているので、シチュエーション問わず馴染みやすい二つ折りです。

ポーターはこういった高い機能性と落ち着いたデザインから、多くのリピーターがいる人気ブランドです。

PORTERの革財布の口コミ

引用:Amazonレビュー

世の中的にはなぜか「ポーターの財布はダサい・・・」と風潮があるようですが、
この商品は一般的にダサいといわれている「布」製などではなく、
「革」製であり、しっかりした作りで肌触りもよく、
また機能性の面でもよく考えられています。

カジュアル用途だけなく、
ビジネス用途でも十分に使用できます。

キャッシュカード類、ポイント&メンバーズカード類と仕訳けて入れる、仕切りがたくさんあり便利。お札やコイン入れ部も仕切りがあり千円と五千&1万円札と分けたり、お札入れ部には新幹線の回数券入れに使える仕切りもあり、本当に収納性が高い。

以前から気になっていましたが、金額の関係上購入をためらっていました。
ですが、現在使用中の財布が壊れてしまったので、思いきって購入しましたが、自分の理想通りの作りで満足しています。

商品の詳細・購入はこちら

⑤ダコタ(Dakota)

ダコタのメンズ二つ折り革財布

天然素材のもつ自然な風合いとい感触をテーマにしたのがダコタ。

素材の風合いを活かすことをコンセプトにしているだけあり、レザーの性質を生かした二つ折り革財布を豊富に揃えています。
購入者の口コミでも「革が柔らかく、手に馴染む」と高評価です。

またダコタのメンズの二つ折り財布は、シンプルで落ち着いたテイストなのでビジネスシーンでもスマート印象。

「ブライドルレザー二つ折り」
ダコタのメンズ二つ折り革財布の内装内装まで贅沢に牛革を使用。
革本来の風合いが、大人リッチな品を醸し出してくれます。

カードの収納枚数や小銭の量やライフスタイごとに多彩な表情の革に育つので、毎日使い続けるのが楽しくなるシリーズ。

値段も1万円前後の製品が多いので、革財布の入門やプレゼントにも最適です。

Dakotaメンズ財布の口コミ

引用:Rakutenみんなのレビュー

ポケットに入れてもパンパンにならない二つ折り財布が欲しくて探していたところコレが目にとまり誕生日が近かったのでプレゼントにしてもらいました。
柔らかい質感で手になじむ感じで使いやすいです。シンプルなデザインも気に入りました。

旦那さんへのプレゼントだったのですが、とても気に入ってもらえました。
皮の質感のやわらかさと、ズボンのポケットにおさまるちょうどいいサイズがよかったみたいです。

実物は革が柔らかく、手に持った感じがとても良くて、デザインも落ち着き過ぎず、
お値段も手頃で良い買い物をしたと思います。

≫今なら!お好きなノベルティ特典付き≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料。
無料ギフトラッピング受付中。

⑥sot(ソット)

メンズ二つ折り革財布ブランド「sot」

東京恵比寿で創業した日本製レザーブランドの「sot」。

日本職人によるスタンダードな二つ折り革財布を手がけ、フォーマルスタイルやシンプルスタイルの男性の紳士さを引き立ててくれます

またワンランク上の素材使いなので、「物にこだわる人なんだな」と周りから思われること間違いありません。

sotのメンズ二つ折り財布を使っている様子

特に人気なのが、「プエブロレザー」をつかったメンズ二つ折り財布です。

プエブロレザーは植物由来の成分だけで仕上げ、高純度の牛脚油を染み込ませたレザー。
ナチュラル仕上げの革なので、特別なメンテナンスをしなくても味わい深く経年変化していくのが最大の魅力です。

メンズライクな二つ折り革財布で、革を自分なりに育てたい方はsotをチェックしてみてください。

sotプエブロ二つ折り財布を半年使った経年変化の比較左;新品、右:半年使用

sotの二つ折り財布の口コミ

《注目ブランド》個性豊かなメンズ二つ折り革財布

ここからは個性的なデザインの二つ折り革財布ブランドを4つ紹介します。
モダンで芸術性の高い製品を扱っているので、個性派の男性はこちらも併せて目を通してください。

①Hallelujah(ハレルヤ)

ハレルヤのメンズ二つ折り財布

ハレルヤのメンズ二つ折り財布は、なんと7,777円という驚きの価格。
店舗をもたずオンラインショップのみで販売することで、リーズナブルに革財布を提供できているんです。

もちろん素材は合皮ではなく本革。外装だけでなく、内装までオールレザーの二つ折り財布です。

ハレルヤのメンズ二つ折り財布の内装小銭入れは口が大きく開くので、中が見やすくスムーズに取り出せます。

使っている革はオイルたっぷりの牛革で、傷がついても指で擦れば目立たなくなるのが特徴。
たっぷりのオイルが革に馴染んで、キズを補修してくれるんですね。

使い込むほどに経年変化も楽しめるので、1万円以下で二つ折り財布を手にするなら間違いなく候補に入れるべきブランドです。

②YUHAKU(ユハク)

ユハクのバナー

「ユハク」は染色を基調に色にこだわりを持った革ブランド。
グラデーションがかったベラトゥーラ技法が特徴で、透明感がありながらも革本来の風合いや表情を感じる二つ折り財布が揃っています。

そんなユハクの二つ折りの中でも一押しなのが「Evo(エヴォ)シリーズ」。
流れる川に光が反射する瞬間を切り取ったような悠然さと上品な艶があり、他ブランドにはない絶妙な配色に仕上がった財布です。

ユハクの二つ折り財布エヴォシリーズ深みのある独自の染色技法が印象的。
さりげなくお洒落さを演出してくれます。

また型押しを施されているので、シワになりにくく傷がつきにくいです。
染色革による独特の色味を長く楽しめます。

このようなユハクの「革のキャンバスに絵の具を塗ったような絵画的デザイン」の二つ折りも目がはなせません。

≫革を一つ一つ手作業で染色≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
リペア・染め直しOKだから長く使えます。

③所作(しょさ)

所作バナー

ノーノーイエスというブランドが展開している「所作(しょさ)」というラインは、日本古来からの“風呂敷で大切なモノを包む心”と折り紙の意匠をモチーフにした新鋭レザー製品。

所作が手がけるショートウォレットは、1枚革仕立てで縫わずに折り紙のように折って作られています。
贈答品を包む様式「折形」をデザインに落とし込み、中身を取り出す仕草の“所作”を美しく表現する財布です。

「ショートウォレット1.0」
所作の二つ折り財布【価格:17,000円〜】

仕様
所作の二つ折り財布の機能性【カード・小銭・紙幣が収納可能】

モダンで前衛的なデザインですが「カード類・小銭・紙幣」を収納でき、財布としての機能性は十分。
もちろん植物由来成分で加工された牛革を使っているので、レザー独特のエイジングも楽しめます。

日本古来の美意識を受け継いだ趣ある個性派の二つ折り財布が気になる方は、所作をチェックしてみてください。

④m+(エムピウ)

エムピウのバナー

コンパクトかつ高い収納力のあるレザーウォレットで今注目を集めているのが「エムピウ」。

「millefoglie Ⅱ P25」というシリーズが中でも評判で、絵巻物のように収納スペースを広げられる革財布です。
手のひらサイズですが、一枚革で巻きとめる仕組みになっているのでカード類を15枚も収納できます

「millefoglie Ⅱ P25」
エムピウの革財布の例【価格:14,000円〜】

またエムピウは経年変化による色の変化を強みとし、イタリア性タンニン鞣しのピッグレザーを使用。
ベージュやブラウン系の皮革だと飴色のような味わい深い表情に育ちます。

機能性だけでなく革のエイジングにもこだわっているのがエムピウ財布の魅力です。

≫離れられない機能美、使い込みたくなる天然革≪エムピウのバナー

商品の詳細・購入はこちら

※キャッシュレス支払いで5%還元中
革財布は送料無料

日本製二つ折り革財布で“さりげない存在感”を。

今回紹介したように同じ革財布ブランドでも、ブランドごとに製品への向き合い方やこだわりが大きく違います。
また個性的でモダンなブランドも進出してきているので、ベーシックな二つ折りに飽きた男性でも楽しめます。

二つ折り財布はコンパクトでスマートさが魅力の財布。
持ち運びやすさはもちろんですが、取り出した時の“さりげない存在感”は日本の侘び寂びに通ずるものがありますね。

革の質感・機能性・デザイン性」この3つを押さえて、皆さんに合う二つ折り財布のブランドを選んでください。