【1万円以下〜1万円台】メンズ本革財布ブランド8選。安いのに丈夫な革製

【1万円以下〜1万円台】メンズ本革財布ブランド8選。安いのに丈夫な革製 予算別おすすめ革財布

当記事では1万円以内〜1万円台のメンズ本格革財布ブランド8社を厳選紹介。

本革財布=高価なイメージがありますが、

  • 革本来の持ち味を活かしたお洒落な財布
  • 30代向けの大人かっこいいデザイン
  • カスタムオーダーできる財布

といったように、最近ではリーズナブルで高品質なレザーウォレットが多く製作されています。

今回紹介しているブランドは全て職人仕立て

大学生など若い方はもちろん、30代ビジネスマンでも違和感のない本格仕上げの革財布を無理なくゲットできます。

スポンサーリンク

【1万円以下〜1万円台】メンズ革財布ブランドおすすめ8選

冒頭でお伝えした通り、1万円以内〜1万円台のメンズ財布の本革ブランドを8つ紹介していきます。

リーズナブルですが経年変化を感じられ、長持ちするメンズ財布ばかり。
本革素材はもちろん、日本製や職人仕上げのブランドもあるので「買って良かった」ときっと思えるはずです。

ビジネスシーンで頑張る男性はもちろん、高校生や大学生にもマッチするお洒落で大人かっこいい財布もあるのでチェックしてください。

①ハレルヤ(Hallelujah)

ハレルヤの革財布は1万円以下で手に入る

価格8,888円
素材牛革
特徴1万円以下にも関わらず、天然の牛革をつかった上質なメンズ革財布を手がけています。

1万円以下のメンズ本革財布なら「ハレルヤ」がおすすめ。

二つ折り財布なら7,000円台から、長財布でも8,000円台から天然レザーの上質財布を手にできます。

1万円以内のリーズナブルなメンズ革財布ですが、

  • 表情豊かな経年変化をたのしめる
  • 破れたりせず長持ちする

といった特徴を手にすれば実感できます。

素材にはオイルをたっぷり染み込ませた牛革を使用。
革の中にオイルがぎゅっと染み込んでいるので、使うたびに深みのある革の表情に育っていくんですね。

ハレルヤの1万円以下の革財布の収納力カード入れは15箇所以上。収納力バツングだから財布ひとつで出かけられます。

ハレルヤの革財布のエイジングの様子はじめはマットな質感ですが、使い込むたびに滑らかでアンティークな風合いに経年変化します。

またキズがついてもオイルが馴染んで目立たなくなってくるので、アクティブなプライベートでも安心して使えます。

もちろん1万円以下の財布に多い“合皮素材”ではないので、破けるたり剥げたりすることななし
牛革はレザーの中でも丈夫なので、5年くらいは現役で愛用できるでしょう。

リーズナブルですが天然の上質レザーなので、はじめての革財布でも選んで損はありません

ハレルヤの革財布の口コミ・評判

②イルビゾンテ(IL BISONTE)

イルビゾンテの商品イメージ

価格11,800円〜18,360円
素材オリジナル牛革
特徴100%天然の独自レザーを採用し、滑らかできめ細かい手触りが特徴です。

革製品が好きな男性におすすめなのが、老舗革ブランドの「イルビゾンテ」。

革への愛情と相当な職人気質をもつブランドで、イタリアを拠点に世界的に注目を集めています。

そんなイルビゾンテは創業者の“100%天然レザー”への強いこだわりから、独自の天然レザーを採用
メンズ財布の多くは天然の牛革を使用しており、牛革独特の滑らかでキメ細かい質感が特徴です。

また天然素材ならではの「バラキズ」と呼ばれる傷跡やシワがあり革の表情が一つ一つ異なるため、商品ごとに革のシワ感が違うのもレザーファンから愛され続けている理由です。

イルビゾンテはこのようなブランド独自のこだわりから「これから革財布を持つ人・新しく新調する人」まで幅広くオススメできます。

イルビゾンテの口コミ・評判

商品の詳細・購入はこちら

※人気商品によっては数に限りがございます。

③ジョッゴ(JOGGO)

JOGGOの革財布は1万円台からオーダーメイドできる

価格13,800円〜14,800円
素材牛本革
特徴配色を細かく指定してカスタムオーダーできるメンズ財布。注文を受けて職人が仕上げています。

自分だけのオリジナル財布を持ちたい方や、男性へのプレゼントに最適なのが「JOGGO」。

ジョッゴは財布の配色からロゴ、名前の刻印までカスタムオーダーできる革ブランドです。
財布のパーツごとの配色指定も可能で、自分だけのオリジナル財布を作れることから人気を集めています。

▼JOGGOのカスタム画面▼

joggoのカスタム画面では仕上がり予想図がわかるパーツごとに配色を選んで注文した後、オーダー内容ごとに職人が仕上げてくれるんですよ。

joggoのオーダー革財布は革の色に合わせて糸の色を変える本革のカラーに合わせた糸色で縫製。安っぽさを感じさせない細やかな仕上がり。

もちろん素材は、レザー財布でも人気の高い上質な牛革を使用しています。
牛革は経年変化を楽しみやすく丈夫なレザーなので、カスタムした革財布を味わい深く育てることもできます。

一万円台で自分だけの革財布を持ちたい方は、ジョッゴのカスタム財布をチェックしてください。

JOGGOの革財布の口コミ・評判

④ダコタ(Dakota)

ダコタの長財布

価格8,900円〜19,400円
素材牛革、バッファロー革
特徴余計な加工をしていない天然レザーで、滑らかな手触りと本革のクラシックな風合いを楽しめます。

元はレディース向けのブランドでしたが品質の高さから人気になり、メンズ革製品も展開を始めた「ダコタ」。

“天然素材のもつ自然な風合いと感触”をテーマにしているだけあり、レザーの性質を活かした革財布を豊富に取り揃えています。

またエイジングが魅力の「ベジタブルタンニンレザー」をつかった財布もあり、経年変化を楽しみたい方にもおすすめです。

女性向けの財布もありますがメンズでも兼用できるデザインなので、メンズ・レディース併せてチェックしてみてください。

ダコタの代表的な革財布

ダコタのメンズ財布の代表的なラインナップがこちらの2点。

【ベジタブルタンニンレザー】
ダコタのベジタブルタンニンレザー財布価格:12,420円

天然植物から抽出したタンニン(渋)で加工された「ベジタブルタンニンレザー財布」。

使い込むほどレザーが育ちやすいのが魅力で、経年変化をきちんと味わえます。
ライフスタイルごとに革の色が変化するので、持ち主だけのエイジングを楽しめる財布です。

革を育てたい、という男性におすすめの長財布です。


【ブライドルレザー財布】
ダコタの二つ折り財布価格:17,280円

厚くて丈夫な馬の革に蜜蝋や植物性油のワックスを手作業で塗り込んだ「ブライドルレザー財布」。

上記のベジタブルタンニンレザーよりも丈夫で気品があるので、ビジネスシーンでも冴える二つ折り財布です。

使い込むほどに蝋がとれていき、艶やかな質感に仕上がっていく大人な革財布です。

◎ダコタの口コミ

商品の詳細・購入はこちら

※人気商品によっては在庫が残り数点の場合もございます。

⑤エムピウ(m+)

エムピウのバナー

価格15,400円
素材外装:イタリア製牛革、内装:ピッグレザー(豚革)
特徴コンパクトでお洒落なメンズ財布。フワッとした本革の肌触りが魅力的で、経年変化が表れやすいです。

スタイリッシュで独特のデザインの革財布を好むなら「エムピウ」がおすすめ。

エムピウは今までにないコンパクトかつ機能的な財布を多く出していて、個性派の男性はマストチェックな革ブランドです。

下記の「millefoglie Ⅱ P25」というコンパクトウォレットが代表的なラインナップで、箱を開くように財布が展開するので紙幣や小銭を扱いやすくなっています。

エムピウの革財布は畳むとコンパクト畳むと「名刺入れサイズ」でポケットにもスッポリ

エムピウの革財布の内装財布を開けると、バッと中身を一望できる構造。
お札・カード・小銭を、もたつかずに取り出せます。

一般的な二つ折り財布よりも少しばかりコンパクトながら、カード類が15枚も収められる収納量
カードを多くもっている男性でもスマートに持ち歩けます。

またイタリア製のタンニンなめしレザーを使用しているので、革の表情変化を楽しみやすいのも魅力。

「機能性・デザイン性・エイジング」の三拍子揃っているのがエムピウの革財布の特徴です。

≫手にすれば今までの財布が不便だと気づくはず≪
エムピウのバナー

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
キャッシュレス支払いで5%還元中

⑥ポーター(PORTER)

ポーターの店舗イメージ

価格10,500円〜19,800円
素材牛革
特徴機能的で仕上げが丁寧。落ち着いた大人デザインなのでビシネスシーンにぴったりです。

ポーターは日本の鞄メーカーで有名な「吉田カバン」の自社ブランド。

一万円台の革財布にも関わらず丈夫で機能的な財布が多く、ヘタなブランド財布よりも使い勝手がいいのが特徴です。

また飾りっ気のないシンプルな仕様に加えて、“名刺入れフォルダー付き財布”などを手がけているのでビジネスマンでも違和感なく便利に使えます。

前述でご紹介した「イルビゾンテ」よりも落ち着いたシックなデザインを好まれる男性にはポータがおすすめです。

ポーターの革財布の口コミ・評判

商品の詳細・購入はこちら

⑦ヘルツ(HERZ)

ヘルツの店舗イメージ

価格10,800円〜19,440円
素材牛革
特徴自社工房で一つずつ仕上げていて、革好きなら一度は手にしたい表情豊かな革財布です。

ヘルツは革本来の魅力を最大限に活かした製法と、独自のデザインの財布を出しているブランド。

製作工程を分業せず最初から最後まで職人一人が担っているので、職人の強いこだわりと愛が溢れる仕上がりになっています。

注文後に一つ一つ手作業で作られているので、無骨ながらも革の表情を楽しめる財布です。

Organ「ミニ財布」
ヘルツのコンパクト財布【価格:16,200円】

トラベルウォレット(長財布)ヘルツの長財布【価格:17,280円】

また表面加工を最小限にとどめて植物タンニンで時間をかけてなめしています
そのため時間を経るごとに革の色の深みが増し、持ち主だけの艶やかな革に育つのが魅力。

職人が作り上げるこだわりの革財布を求める方は、ヘルツの革財布を検討してください。

商品の詳細・購入はこちら

⑧カルトラーレ(Cartolare)

カルトラーレのハンモックウォレット

価格15,290円
素材国産天然牛革
特徴1万円以下にも関わらず、天然の牛革をつかった上質なメンズ革財布を手がけています。

カルトラーレの1万円台のメンズ財布は、デザイン特許を取得した独創的なデザイン。

「ハンモックウォレット」という財布で、財布を広げると小銭入れボックスが“ハンモック型”に広がるんです。

カルトラーレのハンモックウォレットの使い方コインが見やすいので支払いで小銭を使いやすくなり、ムダに小銭が貯まることもありません。

財布全体がバッと広がるので小銭を取り出しやすく、会計時に「10円どこだっけ…」ともたつくこともなくなります
お金を取り出しやすい上に二つ折りでコンパクトなので、ポケットに入れて手軽に持ち出せるので便利。

機能的で使い勝手がいいだけでなく、カルトラーレは日本の熟練職人が国産牛革を使って仕立てています。
東京下町職人の匠の技が詰まっているので、1万円台ながら品質は折り紙つきです。

インスタグラムでも話題のメンズ革財布で、カラーによっては売り切れている場合も…
興味のある方は、早めにカルトラーレのメンズ革財布をチェックしてみてください。

≫レジで小銭を探す手間がなくなる≪

商品の詳細・購入はこちら

※送料無料
キャッシュレス支払いで5%還元中

1万円前後の革財布を買う前に知っておきたいこと

ここからは革財布を購入するうえで確認しておくべき3つのポイントを解説。

一万円台とはいえ、れっきとした本革なので長く付き合うためにも目を通しておきましょう。

①レザーには牛革・馬革などの種類がある

主に革財布で使用されるレザー素材には主に、

  • 牛革(カウレザー )
  • 馬革(コードバン)

といった2種類があります。
他にもピッグレザーなどありますが、今回はメジャーな2つを紹介します。

牛革とコードバンの主な特徴がこちら。

 特徴
牛革
(カウレザー )
  • 繊細でキメの細かい艶やかさがある
  • 経年変化による変色を楽しみやすい
  • 種類が多く質感に多様性がある
馬革
(コードバン)
  • 光沢感が美しく上品な表情がある
  • エイジングでツヤに渋みが増す
  • 牛革の3梅の強度があり丈夫

どちらかが良いということはなく、それぞれの革で質感や経年変化が異なります。

当サイトとしては「革の変化を楽しむ⇒牛革」「上品な革の質感が好き⇒コードバン」という選び方がおすすめ。

実際に手にとって、質感などを確かめて革財布のレザーを決めてみるとより楽しめます。

②財布の形状で使い勝手が異なる

皆さんご存知の通りメンズ財布には、長財布と二つ折り財布があります。

「どちらも一緒でしょ」と思うかもしれませんが、財布の形状が違うと機能性や周囲からの印象は大きく変わります。

 印象機能性
長財布曲がっていない綺麗な紙幣を出したりできるので、女性からの好印象を持たれやすい。
  • 紙幣を綺麗に収納できる
  • カード類を管理しやすい
  • 小銭を取り出しやすい
二つ折り
財布
身軽でジャケットのポケットから取り出しやすくスマートで大人な印象を与えられる。
  • ジャケットの内ポケットにも入れやすい
  • 収納量が限定され余計なカードを作らなくなる
  • スリなどで取られにくい

このように女性から好印象なのが長財布で、大人のスマートさを演出するなら二つ折り財布が最適。

どちらの形状がいいか決めかねている方は、こういった形状ごとの印象や機能性も検討素材にしてみてください。

③合皮の革財布に注意

1万円台のリーズナブルな革財布の中には、合皮の財布も多く紛れています
合皮とは布地に合成樹脂を塗布し、本革に似せた“偽レザー”です。

本革と合皮の違いは、

  • 肌触り
  • 折り曲げた時の光の反射

などで見分けられますが、最近の合皮は見分けがつかないほどクオリティが高いです。。。

今回当サイトで紹介した革財布ブランドは、すべて本革仕様の本格派ブランドばかりなので安心してください。

1万円以内〜1万円台でも上質なメンズ革財布はある

本格的な革財布は何万円もするイメージですが、今回紹介したように一万円前後でも上質な革財布ブランドは多く展開しています

きちんと本革仕様なので、革財布ならではの経年変化も十分楽しめます。
無理のない価格帯の財布を見つけて、皆さんだけの革に育ててみてください。